レンズ性能を最大限に引き出すチタンフレームモデル / Walz, Walz Alt

オールチタンの「Walz」と「Walz Alt」
発売以来、Zequeラインナップの中でも人気のメタルフレームモデル。

シンプルなデザインは掛ける人を選ばず、一日中掛け続けても締め付け感無しの優しいフィット感が好評です。

◇特徴は「レンズ枠とフレームの独立構造」

Walz / Walz Altの構造は、フレームの中心一点でフレームとレンズ枠が固定されています。

□ 独立構造の2つのメリットとは?

1.包み込むような優しいフィット感

固定箇所を中心としてレンズ枠と結合しているバー(ブロウバー)全体がたわんで、様々な顔幅に対応します。
このブロウバーには、βチタンという弾性の高い材質を使用しているため、適度なホールド力があります。

・Zequeで採用しているバネヒンジと比較すると?

バネヒンジも様々な顔幅に対応するフィット感向上のためのパーツですが、バネヒンジはどちらかと言うとカッチリとフィットする感じ。
ブロウバーは、その可動範囲の大きさから、優しく包みこむ感じでありながら、ズレることはありません。
比較的、顔幅に対する許容範囲が広いと言えます。

2.フレームがたわんでもレンズは動かない

フレームがたわんでも、フレームとレンズ枠は一点で固定されているため、フレームにつられてレンズ枠が変形するようなことはありません。
Zequeのフレーム特徴は、軽量なこと、そして偏光レンズの機能を最大限に引き出す設計です。
この独立構造も、それを可能にする一つの解決策です。

◇WalzとWalz Altの違いは?

レンズサイズの大小の違いです。
フレームサイズは共通です。

写真の通り、並べて比較すると一目瞭然。
右の大きい方がWalz。左の小さい方がWalz Alt。

◇癖の無いシンプルなデザイン

「1.」の包み込むような優しいフィット感で解説した通り、ブロウバーのたわみ幅の大きさで顔幅に対する許容範囲が広いことと、シンプルなデザインであることから、多くの方に似合います。
合せる服装も、ジーンズのラフなカジュアルスタイルから、ジャケットありのドレスアップまで幅広く対応。
使い勝手の良い、オールマイティな1本です。

◇フレームカラーは全3色展開(Walz / Walz Alt共通)

青い空と水の色に映えるホワイト。

金属の質感を活かした、落ち着きのあるガンメタル。

マットと金属の光沢のコントラストが効いた、マットブラック。

Walzのフレームカラーのレンズ設定はこちからチェック
Walz Altのレンズ設定はこちらです!

Comments are closed.