ズレない、ブレない。クセになるフィット感が軽い掛け心地に繋がるTITICACA / チチカカ

眼鏡やサングラスで「軽い」という文字を良く目にすると思います。
Zequeの偏光サングラスユーザーの皆様は、フィールドで一日中掛けっぱなしという方も多くいらっしゃるので、掛け心地はとても重要となります。
そして軽さは掛け心地に大きく影響することも事実です。

「軽い」とは何を意味するのか?
サングラス自体の軽さのほかに、掛けた時の軽さ感があります。
同じ重量のサングラスでも、モデルによって掛けた時に感じる軽さは異なります。
それは、鼻梁と耳上に掛かる重量バランスによるものです。
サングラスのパーツを見てみると、レンズを含むフロント側の面積が一番大きいため、鼻梁に荷重が寄ります。
そうすると、短い時間での試着では分かりづらかった鼻梁へ掛かる重量が、フィールドでは「重い」だったり、「押されて痛い」などに繋がります。
この問題を解決したのが、今回ご紹介する〈TITICACA / チチカカ〉です。

TITICACA / チチカカの特徴

フロントへ掛かる重さを、テンプルのホールドで重量分散
締め付け過ぎず、緩すぎない絶妙なホールドがズレやブレを防止

ヒンジレスのテンプルが大きくしなって絶妙な圧で優しくしっかりとホールド
チチカカのテンプルはヒンジレスです。
ヒンジとは、テンプルを折りたたむ丁番のことですが、それがありません。
ヒンジを無くした分、テンプルの長さを活かして、根元からしなやかに曲げてテンプル全体でフィットさせる方法を採りました。
また、様々な素材をテストし、絶妙なフィット感を得られる素材に辿り着きました。

先ゴムを曲げ調整して更にホールド力アップ
魚を取り込む時、磯を渡り歩く時、ボートに乗る時、渓流の岩を超えていく時、様々な状況で下を向いたり、激しい動きをします。
その際に重要になるのが耳掛かり。
先ゴムが自由に曲げられるため、汗などでズレやすいと感じた際には、簡単に曲げて耳に掛けるカーブ具合を調整出来ます。

ちょっと間に外す定位置は首元に
キャップの上にサングラスを置くのではなく、首元に引っ掛けられます。
キャップの上に置くのはよくやってしまいがちですが、置いたのを忘れて勢いよくキャップを脱いだ際にサングラスを飛ばしてしまったり、気づいたらサングラスが無かったなんてこともよくあることです。

さて、ここまでお読み頂きありがとうございます。
文章だけではお伝え出来ないのがフィット感です。
顔型や顔のサイズは十人十色。
万人にジャストフィットするモデルはありませんが、チチカカはZequeラインナップの中でも対応のしやすいモデルです。
是非、全国のZeque取扱い店でご試着ください!

フレームカラー、レンズカラーの詳細はこちらからどうぞ。

 

 

 

 

Comments are closed.