墨族祭り2011

秋になると、釣りものが増えすぎてどれにしようか迷ってしまいます。

そんな楽しい秋のターゲットの代表格の一つは、食べて美味しいアオリイカ。

先日行われました、名作エギ「墨族」で有名なハリミツさん主催「墨族祭り2011」に今年も出展させて頂きました。

墨族祭りは、土曜夕方~日曜昼までのエギング大会と、日曜朝~夕方までのイベントの豪華2本立てです。

会場の今子浦キャンプ場には、各出展メーカーさんや飲食店ブースが所狭しとならび、まさにお祭りです。

そんなお祭りの中、ジールブースでは偏光グラスの展示&メンテナンスコーナーを設けさせていただきました。

案外、ジールオプティクスのサングラスが調整出来る事を知らない人も多く、買ったままで使われている人がほとんどですが、微調整によってより快適にお使い頂けるようになることもあります。(一部モデルは調整不可能なものもあります)

イベント出展時には調整工具も持参していますので、お近くでイベント開催の際には是非ご愛用のジールサングラスを持って、ブースへとお立ち寄りください。

勿論、ご購入頂いたままで快適にお使い頂けるならば、特に気にしなくても結構です。

会場では、司会の伊丹章さんが墨族テスター増田さん、大伴さんと共に各ブースを回り、動画撮影やらブースの宣伝に来てくれました。

 

向かいの飲食ブース朋友さんから美味しそうな匂いが、、、。

海族ファミリーの「ボス」こと大伴さんも匂いに釣られて煙の向こうで昼間から出来あがっております。こういうところもお祭りの楽しい所です。

 楽しいお祭りもあっという間に時間が過ぎ、昼過ぎからは表彰式~大盛り上がりの大抽選会へ!豪華景品の争奪戦が繰り広げられます。

懸念された雨も日曜日は降ることもなく、夏が戻ってきたかのような暑い一日でしたが、大盛り上がりのままイベントは無事終了。皆様、どうもお疲れ様でした&ありがとうございました!

帰り道、折角なのでちょろっと海の様子を見に。

大会で散々叩かれた後で厳しいかな、と思いきや、日本海のポテンシャルは流石です。墨族デビタンチューンのポテンシャルも流石の一言です。短時間でも新子サイズがポロポロと釣れてくれました。

 

食べる分だけキープしたイカは、開いて簡単に一夜干しに。扇風機で風を当てれば数時間で出来あがります。

 

この一夜干しを炙ると激ウマです!

「肴は炙ったイカでいい」は間違いで、「肴は炙ったイカが良い」が正解だと思います。

 

 一夜干しの他に、開きにするときに出たワタや墨袋を使ってイカ墨パスタにも。これもまた旨いです。

 釣って楽しい、食べて美味しいアオリイカ。

台風が接近していて各地は予断を許さない状況ですので、台風後しばらくして状況が落ち着いた頃にのんびり楽しんで下さい。

少し待てば、新子も食べごろサイズに成長することですし。

Comments are closed.