スポニチ鮎名人戦2013

65周年記念、スポニチ鮎名人戦が7月14日に開催されました。
会場は日本記録の大鮎も釣れるという兵庫県の揖保川。
今大会が久しぶりの開催となるスポニチ鮎名人戦ですが、
今回も協賛メーカーとして大会に参加してきました。
 

空は快晴。炎天下の猛暑の中、綺麗な清流を目前にしていると川に飛び込みたくなります。邪魔するわけにはいかないので、じっと我慢…。
 

つい前日までよく釣れていたようですが、

前の晩に雨が降ったこともあってけっこう渋かったという話も。

それでも午前中の予選で15匹以上揃えて来る方もちらほらと。
 

シカと…
 

タマムシと…
 

ニッポンの夏。
 

いやぁ、のどかです。ですが、この時期の天気は本当にわかりません。

ちょうど決勝が終わると同時に

それまでの晴れ渡った空が急変して、待ってましたとばかりの雷雨。
 

急遽、室内で行われることになった表彰式と抽選大会の準備。
 

シビアな中で決勝を勝ち抜いた今回の名人達です。

真ん中が優勝者の滝井哲郎さん、

左が準優勝の門崎芳男さん、右が3位の西村貴司さん。
 

鮎釣りチームの仲間と記念撮影。
 

大会参加者にはジールユーザーの方も多く、

その後、メンテナンスブースにてコミュニケーション。

レンズの好みはある程度、釣り方や個人差で変わりますが、

鮎釣りではTRUEVIEW(トゥルービュー)のラインナップを

もっと増やして欲しいと熱いリクエストを頂く“ナチュラル”派と、

片や、LUSTER BROWN(ラスターブラウン),

ACTION COPPER(アクションコパー)がやっぱり一番見やすい!と話す

“コントラスト派”の両方どちらの意見も聞かせて頂きました。

また参考にさせて頂きます。

美味しい鮎もご馳走になりまして、有難うございました!
 

Comments are closed.