重見典宏×zeal

 

エギングの先駆者、重見典宏氏。
一日中、身につけているというジールの偏光サングラスについて語る。

 
重見典宏プロのコメントから。
“年がら年中、偏光グラスを掛けていて感じることは、とにかく軽くて楽で目が疲­れないものが一番。
サイトでのエギの動きやイカのリアルな反応は、エギングの教科書のようなもの。
どうすれば逃げるか、どんなことをすれば釣れるかは、実際に偏光グラス越しに目で見ればよくわかる。
そしたら、今度は沖での釣りが変わってくる。”

 
そう語る重見典宏さんの視線の先には
偏光グラス越しに今にもエギを抱きそうなイカの姿が…。
そんなもどかしい動画を公開。

後半の映像では重見典宏氏お気に入りの偏光グラス、
zealのVanq(ヴァンク)とVanq gaga(ヴァンクガガ)が紹介されています。
 

 

Comments are closed.