いよいよシーズン到来!!

間もなく4月。
関西地方も寒い日と暖かい日を繰り返し、どんどん春らしくなってきています。

桜も間もなく開花しそうですが、バス釣りももう開幕しています。
先日キッカーバグで釣れたゴンザレスです。

春はデカいのから動く、とも言われておりますので、デカバスに出会う確率が高いのは今が一番かもしれません。
デカバスに出会う確率を更に上げるにはどうすれば良いか?
まずは単純に多く釣り場に通うこと、デカバスの実績の高いルアーを投げること。そして高機能な偏光グラスを使うこと、も挙げられます。

何故に偏光グラスが釣果に結びつくか?と言いますと、春になりシャローに続々と上がってくるバスを見つける為には、偏光グラスの使用が圧倒的に有利だからです。
水質が良ければ魚影も確認でき、直接サイトで狙うこともできますし、魚自体が見つからなくてもコンタクトポイントや魚の付き場を見つけ、狙い撃つことも容易になります。
また、濁り気味で水中の視認性が悪いスポットでも、適切な偏光グラスをかければ水中の変化やストラクチャーを把握できますし、カレントや水質の違いを見極めることができ、有利にゲームを組み立てることが出来ます。
ZEAL OPTICSの沢山のラインナップから、バスフィッシングでのシチュエーション毎のレンズカラーセレクトを簡単に解説します。

TRUEVIEW SPORTS
適度にコントラストを強調しながら、色彩変化も少なく違和感の少ない見え方。
水質・天候を問わずに何処でも使いやすいレンズカラーです。

ACTION COPPER
コントラスト強調性が強く、水中の変化やストラクチャー、魚影などのシルエットが分かりやすいレンズカラー。
濁った水域でも水中のストラクチャーの影が出やすいので、よりシビアな攻めが出来ます。
また、陰影が出やすいので「バスかな?コイかな?ヘラブナかな?」という状況でも魚を観察して尻尾や魚体のシルエットで魚種が判別し易くなります。
シャローエリアのサイトで人気があり、特にボトムが岩や土など、底質が茶や黒っぽい所でより見やすく感じます。

LUSTER BROWN
ACTION COPPERのメリハリの効いた見え方や、裸眼からの色彩変化がちょっと、、、と言う方にお勧めです。
TRUEVIEW SPORTSよりもコントラストが強調されますが、ACTION COPPERよりマイルドでナチュラルに。
これも岩、土、砂などの茶系の底質で見やすいです。
また、倒木などの茶系のストラクチャーも見つけやすいです。
TRUEVIEW SPORTSやACTION COPPERよりも視界が若干明るく感じるのも特徴です。

EASE GREEN
雨、曇り、朝夕など、ローライトコンディションで「偏光掛けたら暗いけど、外すと反射で見にくいし、、、」という状況で圧倒的な見やすさです。また、オーバーハング下などの、見たい所が暗いシチュエーションにもお勧め。
勿論、昼間の使用でもOK。
通勤・通学前の朝練・夕練がメインの人や、天候が不安定な春には何気に一番長時間使えるレンズかもしれません。
また、緑が鮮やかに見えますので、ウィードエリアでの使用でウィードが鮮やかに見えます。
なので、ウィードの上の魚のシルエットが強調されて魚が見つけやすくなります。

MASTER BLUE
海用のレンズじゃないの?と思っている方が多いレンズカラーですが、内水面でも偏光度99%以上で水面の乱反射を抑えて裸眼よりは圧倒的に見やすくなります。
裸眼からの色彩変化が少ないのでコントラスト強調性はあまりありませんが、実は白系・青系が見やすくなります。
特に、透明度の高いリザーバーやバックウォーターなどでベイトフィッシュやバスの白いお腹が見やすくなりますし、シルバー系カラーのミノーのジャーキングも見やすい。
また、実は白系ラバジでのサイトにもお勧めです。

TRUEVIEW
裸眼の見え方と殆ど変わらないまま、ギラつきを抑えるレンズカラーです。
裸眼で魚を見つけ慣れている方や、水質や自然状況をより正確に把握したい人に向いています。

TRUEVIEW FOCUS
どピーカン時や逆光時など、眩しさを極力抑えたい、という状況にお勧めです。
コントラスト強調性能はあまりありませんので、どちらかと言うとサイトよりも全体の状況を把握したい人向けです。
夏場のパンチングやフロッグゲームにもお勧めです。


また、各レンズカラーのミラーコートですが、ミラーコートを掛けることにより若干可視光線透過率が下がります。
すなわち、本来のレンズカラーよりは若干暗くなりますので、少しだけ眩しさを抑えたい、という状況ではミラーレンズもアリです。
まあ、細かいことは考えずモリゾーさんの様に「カッコエエから」という理由でミラーをチョイスするのも全然アリです。

フィッシングショー大阪のZEAL OPTICSブースのセミナーで、清水盛三プロはこう語ってくれました。
「自分は現場には何本も偏光を持っていく。水質によって見やすいレンズカラーは違うから、何本も試してからその日に掛けるやつを決めるねん。」
釣り勝ちたいなら、よりシビアな偏光グラスのセレクトも重要です。
狙い通りの一本を仕留めるために、レンズカラーセレクトの参考にしてください。

ちなみにZEAL OPTICSオンラインストアでもレンズカラーの解説が載ってますので、宜しければこちらもご覧下さい。
https://store.zealoptics.jp/user_data/about_lens.php

Comments are closed.