かつおのたたきと讃岐うどん

出張の疲れを癒してくれるものと云えば、旅先で出会うご当地グルメ。

土佐は高知と言えば、思い浮かぶのは「かつおのたたき」

桜の咲く頃に出会った
鮮やかな赤い身と爽やかな風味の新鮮な「初ガツオ」も懐かしい味ですが
北の海で、脂と旨みをたっぷりと蓄えて帰ってきた「戻りガツオ」が
まさに今、旬を迎えています。

 
ということで、高知でトロがつおと再会してきました。

katuonotataki

 戻りがつおの塩たたき

わらの火で焼きあげた香ばしいカツオのたたきを、塩で。
臭みが全くない上に脂がのって、これが絶品。

他にも高知ならではの珍味「どろめ」(イワシの稚魚)や
「酒盗」に「かつお茶漬け」と鰹づくしを堪能。

 
 
四国といえば本場、香川の讃岐うどんもはずせません。

gamou

時間とルートの都合から、今回はここに。

udon

つるつるもちもちとしたコシのある冷やしを、温泉卵と生醤油で。

仕事以外でも一度、心ゆくまでさぬきうどん巡りをしてみたいと思わせる味
何杯でもいけそうです。

個人的にはこちらも香川の名物

honetukdori

 骨付鶏(ひなどり)

 
写真ではこの香りとジューシーさが伝わらないのが残念です。

四国に行く機会があれば、是非。

 

…秋の新商品情報を期待していた皆様には、失礼しました。

grand-blue

 

Comments are closed.