鈴木斉氏のソルトルアー釣行レポート

”下田から船で5時間。
絶海の孤島イナンバ島(伊豆諸島)を目指した。

水深100mで230gのジグにヒットしたキハダマグロ。

suzuki-tuna

マグロ独特の強烈な引きが堪らなくって毎年ここに通ってしまう。

波しぶき・直射日光から目を守る為にも偏光サングラスは必要不可欠だ。
潮の色や鳥の動きを見るのにもよく見えて、目に疲れがこない性能の良いものをおススメする。

ジギングはハードな動きをする為、顔へのフィット感や軽さも求められる。
だから私は、ジールを愛用している。

hiramasa

対馬でのジギングで仕留められた11キロのヒラマサとZEAL OPTICSのZORRO(ゾロ)

hirasuzuki2

千葉県勝浦で仕留められた平鱸(ヒラスズキ)とジールオプティクス SERIO(セリオ)

日中は特に、磯の地形やルアーを追うシーバスの姿が
普段から偏光サングラスをしているお陰でよく分かります。

ベイトや地形と水中の変化を読み取れないと
次のゲーム展開が組み立てられないので、
その変化を見落とさない為にも偏光グラスが役立っていますね。”
 

Comments are closed.