秋まっ盛り

11月だというのに近畿地方は夏日を記録して、昼間は半袖でもいけそうな勢いですが、季節は確実に進行しています。

大阪湾でも、秋の人気者アオリイカを初め、
タチウオやら

タチウオ

アジやら
アジ

ロックフィッシュやら

ロックフィッシュ

シーバスやら

シーバス

海の中は秋の大運動会さながらで、釣って楽しい・食べて美味しいターゲットだらけで、昼夜寝る暇が無くなるくらいです。

上の魚達は主にナイトゲームでのターゲットですが、狙い方次第ではデイゲームでもいける場合もあります。

タチウオ2

デイゲームでは勿論偏光グラスが必需品ですし、明るいうちに釣り場に入って偏光グラスで水中の様子を観察することがナイトゲームでの釣果を伸ばすコツの一つです。

明るい時間なら潮目やベイトフィッシュやストラクチャーの位置を把握出来ますし、漁港などではロープなどの根掛かり対策も考える事ができますので、ナイトゲーム主体の日でも偏光グラスを持参して早目の釣行がお勧めです。

ちなみに、ナイトゲームも視野に入れた度付偏光グラスユーザーの皆さんに「BARON」というモデルもお勧めです。

BARONは厳密には度付偏光グラスではなく、「眼鏡本体」+「偏光レンズの入ったジャケット」で出来てます。

すなわち、明るい時間にジャケットを付ければ擬似的に度付偏光グラスとして、暗くなったらジャケットを外して通常の眼鏡としてお使いいただけます。

これならば、行き帰りの昼間や朝の運転時や、明るい時間帯の釣りも偏光グラスとして使えますし、暗くなったらジャケットを外してそのまま眼鏡として使えますので非常に便利で荷物も少なくて済みます。

また、レンズカラー違いでジャケットを複数揃えれば、シチュエーションに応じた度付偏光グラスの使い分けが出来ます。

ジャケット単体での価格は税込定価14700円ですので、度付の偏光グラスを複数買うよりは断然懐にも優しいです。ちなみに眼鏡フレームとジャケットのセットは税込定価33600円です。(度付透明レンズは別になります)

※ジャケットはBARON専用品ですので、他の眼鏡には装着出来ませんのでご注意ください

勿論、眼鏡本体を度無しの伊達眼鏡として作ることも出来ますので、度無しの方はナイトゲームでの目の保護用としても使えます。

度付偏光は値段が、、、と思う人も、眼鏡本体は釣り以外の時も普段から使えますのでお得感があります。

既出ですが、BARONについて解説した動画もありますので宜しければご覧ください。

Comments are closed.