梅雨の釣行のお供に

今年は梅雨らしい梅雨で、連日雨や曇りがちな関西地方ですが、皆様お住まいの地域は如何でしょうか?

雨が降るとなかなか出かけるのも億劫になり、釣りに行くのもどうしようかなー、と部屋でまったりと釣りのDVDを観て釣欲を紛らわしている人も多いでしょう。

DVD

丁度去年の今頃、清水盛三プロが「DVDの撮影でシャワーブローズでボッコボコに釣って来たで!」と話してくれた七川ダムでの大爆釣が繰り広げられる「ファンタジスタⅧ」も、これからの時期に向けてピッタリなDVDではないでしょうか。

このDVDも雨~雨上がりのシチュエーションでの爆釣劇が繰り広げられます。

気圧が下がると魚の活性が上がると言われます。そして雨によって人的プレッシャーも軽減されます。

そして増水により普段は無い流れ込みが出来たり、カレントが発生したり、とフィールドに変化が起きて雨限定のオイシいスポットが発生する場合もありますので、雨降りを歓迎する人も多いでしょう。但し、洪水や増水など、安全には十分注意して下さいね。

そして何より、折角の休みに釣りに行かなくてどうする?と雨などモノともせずレインウエアを着込んで釣りに行く人も多いのも事実。

SENDAN

判りにくいですが、雨の中の船団です。

 

そんな雨の釣行時、あるとより快適なグッズをご紹介します。

レインウエアを着用して、フードを被ってもフードから垂れて来る水滴が煩わしい。

そんなときにはフードの中にキャップかサンバイザーを着用しましょう。

ジールオプティクスのキャップ・サンバイザーなら、ツバが若干長めで雨除けにもピッタリ。特に蒸れやすい今の季節にはサンバイザーがお勧めです。

更に、雨の中では袖口からの水の浸入も気になるもの。いつの間にか、レインウエアを着ていても肘までビショビショで気持ち悪い、、、そんな思いをした人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

リストバンドを着用すれば雨水の浸入を軽減できます。また、ジールオプティクスのリストバンドはパイル地なのでこれからの暑くなる季節には汗拭きにも丁度いいです。カラフルなバリエーションでサングラスやウエアとのカラーコーディネートも楽しめます。

CA

 

また、雨の日は偏光を掛けたら暗くて見辛いなあ、と思っている方は、一度イーズグリーンのレンズの組み込まれたジールの偏光グラスを試してみてください。

雨天で薄暗くても、水面の反射は結構気になるものです。イーズグリーンなら明るい視界をキープしながらも水面の反射をカット出来ますので、梅雨時の釣行にも最適です。

本来、魚が浮き気味の雨天時こそ、偏光グラスの必要性があるでしょう。

勿論、イーズグリーンなら梅雨が明けた後の夏本番にも雨天や朝夕の薄暗い時間帯に使いやすいですし、日向から薄暗いシェードに隠れた魚を見つけるのにも役立つことでしょう。

 

また、蒸し暑い梅雨時の偏光グラスの着用は、どうしてもレンズが曇りやすいもの。

お勧めの曇りにくいサングラスとしては、通気性の良いモデルです。

イドラやネイキッドは、縁なしタイプで通気性も良好。また、超軽量で掛けている事を忘れてしまう人もいる程です。汗をかいてサングラスもズレやすくなるこれからの時期に最適のモデルではないでしょうか。

HYD

テンプル部分が空いていて、レンズもフラット気味のVANQ gagaやVANQも曇りにくいモデルです。フィッシングショーでも菊元俊文プロが「釣れへん時に、ハァ~って溜息ついても曇れへん」と冗談めかして話してくれました。

VA

 

また、清水盛三プロにも愛用して頂いているVEROやVERO TIERAシリーズは、フロントにエアインテークが設けられているので新しい空気を取り込みやすく、鼻パッドの調整も可能なのでより一層曇りを軽減することが可能です。

遮光性と通気性を両立した、サイトにも使える曇りにも強いモデルをお探しの方には特にお勧めです。

梅雨時期は、バスは夏本番までのアフター回復組の爆釣のチャンスであり、鮎は解禁間も無い半年間溜まった鬱憤を晴らす楽しい時期であり、梅雨グレの時期であり、タコも釣れてるし、シーバスもデイゲームが熱くなるし、、、と色々と狙い物の多い楽しい時期でもあります。

雨の中でもより一層快適な釣行が出来ますよう、装備を充実させて出かけてくださいね。

Comments are closed.