ケンサキイカと沖漬け

毎年、この時期になると食べたくなるものがあります…それは「沖漬け」

沖漬けはホタルイカが有名ですが、甘く身が柔らかい剣先イカやアオリイカも美味。
タレの染み具合が良い、小ぶりな烏賊を選びます。
小イカが簡単に釣れるのも、この時期ならでは。

まだケンサキイカが釣れているというので、軽くエギングに行ってみました。
 


 

なかなか美味しそうなサイズ。

釣りあげた烏賊はできるだけ海水を吐かせて

そのまま沖漬けのタレへ…
 


ウェルカムトゥヘル
 

活きのいい烏賊をそのままタレにぶち込むと、内臓までタレを吸い込み、味が体内に浸みわたります。できるだけ墨を吐かせてから投入しますが、苦し紛れにタレの中で烏賊が吐き出すスミがまた、いいダシになるようです。
 


 

沖漬けのタレのレシピも色々で、自分好みの味を探すのもまた一興。
市販のタレやめんつゆ!?などを使うのも手軽でいいのですが、簡単に作れます。

分量は好みですが、醤油:焼酎:みりんを2:1:1で作ります。
先に酒とみりんを沸かしアルコールを飛ばした後に、醤油を加えててひと煮立ち。
あとは冷ませば出来上がり。鷹の爪(唐辛子)や生姜を加えても美味しいです。
焼酎ではなく日本酒を使ったり、醤油を昆布しょうゆにしたり、かつおダシを入れたりと
様々なレシピがあるので、いろいろ試すのも面白いですね。
食べる時に柚子を絞ってもおいしいです。
 
飽きてきたら焼いて食べるのもいいのですが、
漬け込んだ後に、甲羅やクチバシ、目玉などを除き、しばらく冷凍したものを大胆に輪切りに。
カットしやすいし、溶けかけの半冷凍状態のものをキモと和えながら食べると美味しいですよ。
これを「ルイベ」(アイヌ語で”溶ける食べ物”)といい、一旦冷凍することで寄生虫対策にもなるらしいです。
剣先烏賊の釣れる夏の終わり、酒のお伴におすすめの一品。
 


 

ぽろぽろと、一緒にアオリイカの新子も釣れました。
もう秋もすぐそこまで来ていますね。

沖漬けの話ばかりでお腹が空きましたが、秋のエギングと言えばサイト。
偏光サングラスもお忘れなく!

 

 

Comments are closed.