釣り道具、キャンプ道具を積んで親子自転車旅

皆さんはゴールデンウィーク、満喫されましたか?

私は、連休一か月前から我が子らと自転車の旅を計画していました。

ひとまず、大まかなギア選定をしてバックパックに詰め込み、実際にそれを担いで予行演習へ。

いよいよ、旅本番。
週間天気予報もズバリと当たり、快晴の旅日和。

旅程は、裏六甲の自宅 → 明石のジェノバライン乗り場 → フェリーで淡路島へ → 島周遊してキャンプ
小学校低学年、高学年でも達成できるであろう計画です。

自転車でのキャンプは自分も初めてで、最初に迷うことは装備の振り分けでした。
前回行った演習では一番重量のあるテントを背負っていましたが、長い道のりではそれが徐々に負担になりそう。
シートポストに装着するキャリアを手に入れて、それに括り付けることに。
寝袋はハンドルバーへ。

テントが無くなった分、着替えを少し増やしました。
ここ数日、各地では夏日を記録してはいますが、それでもまだ5月。
朝晩の冷え込みや、急な天候の変化に備えるために、長そで、半そでの速乾性インナーと薄手のフリース、ポーラテックのアウターシェルを追加しました。
バックパックの重さは8Kg弱。
これでも結構ありますね。

快晴の青空の元、ペダルを漕ぎだしました。
そして、この旅の難関であるアップダウンの連続が子供達の体力を奪います。

計画で予定していた以上に、子供たちの登るペースが遅いということが判明。
急ぐ旅では無いので、のんびり行きましたが、子釣れの旅計画では一番大きなポイントです。
次回への参考になりました。

登りでかかった時間を下りで取り戻せるかと言うと、そんなことはなく、下りは下りで低学年にはキツいのでした。
まだ手が小さい為に、ブレーキレバーをグリップ側へ調整しても、握り込みが足りず、長い下りのブレーキングで徐々に握力が無くなっていくのです。
これを無理させると危険なことになるので、下りでも休み休み。

長男は、Zequeのキッズ偏光グラス、KIDS 01のグレーを愛用。

そんなこんなしながら、なんとか海へ出ました。
あとは比較的平坦な海岸線をひたすら西へ。

旅のランドマーク、明石海峡大橋、通過!
二男はKIDS 01のブルーを愛用。

小学校の時に習った日本の標準時、通過!
ここまで来たら、船はもうすぐ。

遂にたどり着きました、ジェノバライン乗り場!
自宅から6時間半、、、

グッバイ、本州!

ハロー、淡路!

たった13分の乗船でしたが、フェリーに自転車積むだけで旅感倍増。
移動時間のほとんどを費やした土地を眺めながら、良く頑張ったと遠い目。

浜風しのげるキャンプグラウンド。

明石大橋のイルミに、思わぬ満月の夜。

親の達成感はかなりのものでしたが、子供達にとっても思い出に残る旅となったでしょう。

今回使用したのは、限定色のホワイトステルス。
白フレームにブルーミラーレンズで、自転車にも決まります!

スタッフ/Narusawa

レンズ性能を最大限に引き出すチタンフレームモデル / Walz, Walz Alt

オールチタンの「Walz」と「Walz Alt」
発売以来、Zequeラインナップの中でも人気のメタルフレームモデル。

シンプルなデザインは掛ける人を選ばず、一日中掛け続けても締め付け感無しの優しいフィット感が好評です。

◇特徴は「レンズ枠とフレームの独立構造」

Walz / Walz Altの構造は、フレームの中心一点でフレームとレンズ枠が固定されています。

□ 独立構造の2つのメリットとは?

1.包み込むような優しいフィット感

固定箇所を中心としてレンズ枠と結合しているバー(ブロウバー)全体がたわんで、様々な顔幅に対応します。
このブロウバーには、βチタンという弾性の高い材質を使用しているため、適度なホールド力があります。

・Zequeで採用しているバネヒンジと比較すると?

バネヒンジも様々な顔幅に対応するフィット感向上のためのパーツですが、バネヒンジはどちらかと言うとカッチリとフィットする感じ。
ブロウバーは、その可動範囲の大きさから、優しく包みこむ感じでありながら、ズレることはありません。
比較的、顔幅に対する許容範囲が広いと言えます。

2.フレームがたわんでもレンズは動かない

フレームがたわんでも、フレームとレンズ枠は一点で固定されているため、フレームにつられてレンズ枠が変形するようなことはありません。
Zequeのフレーム特徴は、軽量なこと、そして偏光レンズの機能を最大限に引き出す設計です。
この独立構造も、それを可能にする一つの解決策です。

◇WalzとWalz Altの違いは?

レンズサイズの大小の違いです。
フレームサイズは共通です。

写真の通り、並べて比較すると一目瞭然。
右の大きい方がWalz。左の小さい方がWalz Alt。

◇癖の無いシンプルなデザイン

「1.」の包み込むような優しいフィット感で解説した通り、ブロウバーのたわみ幅の大きさで顔幅に対する許容範囲が広いことと、シンプルなデザインであることから、多くの方に似合います。
合せる服装も、ジーンズのラフなカジュアルスタイルから、ジャケットありのドレスアップまで幅広く対応。
使い勝手の良い、オールマイティな1本です。

◇フレームカラーは全3色展開(Walz / Walz Alt共通)

青い空と水の色に映えるホワイト。

金属の質感を活かした、落ち着きのあるガンメタル。

マットと金属の光沢のコントラストが効いた、マットブラック。

Walzのフレームカラーのレンズ設定はこちからチェック
Walz Altのレンズ設定はこちらです!

2018 Zeque / ZEAL OPTICS 全商品ラインナップ

2018年のZeque(ZEAL OPTICS)のラインナップは全部で20モデル。

フレーム素材や、遮光性能、キッズ用、メガネユーザー向け、などバラエティーに富んだモデル展開となっています。

沢山あるけど、何を選んだらいいの?
そんな方は、モデル表とジャンル別解説で、最適の一本を見つけてください!

□ 遮光性能で選ぶ
 
 ・「BATLER」- 遮光機能であるバイザーが着脱出来、1本で2通りの使い方。
・「LEMAN」- これ以上の遮光性能は無いと言うほど遮光性最強モデル。
 ・「VERO2ND」- ロングセラーのアイコン的モデル。
 ・「CAVARO / REVIN」- 魅力的な価格でありながら必要十分な遮光性。CAVAROは大き目。REVINは小さ目。
 ・「SALTO」- スマホやデジカメ、魚探のモニターチェックに重宝するハネ上げタイプにも遮光性
 ・「RECA」- 小顔の男性や女性にもジャストフィットのやや小ぶりなサイズ感。遮光性もばっちり。
 ・「KIDS 01」- 小学生を対象としたキッズモデルにも、大人モデルと同様の遮光性。

□ 釣りにもタウンユースにも使いたい

 ・「STELTH」 – Zeque人気No.1モデル。大き目レンズで広い視界。
 ・「FANTOM」- ツートンカラーが個性的。4カーブレンズで度付きにもお勧め。
 ・「Feiz / Feiz Alt」- カーボンとチタンのコンビが、ジャケットスタイルにも決まります。
 ・「Walz / Walz Alt」- レンズ枠とフレームが独立構造で、フレームがたわんでもレンズに影響無し。
 ・「HI-BRIDGE」- 眼鏡ユーザー向けのジャケット型。癖の無いデザインで、偏光グラスとしても、メガネとしても。
 ・「Cross Over」- 眼鏡でも裸眼でもの1本で2通りの使い方。大き目レンズと驚きの軽さ。

□ 眼鏡に対応しているモデルは?

 ・「Baron」- ジャケット、メガネのセットアップ。専用ジャケットを複数用意すれば、釣り場の状況で使い分け可能。
 ・「HI-BRIDGE」- ジャケット、メガネのセットアップ。専用ジャケットを複数用意すれば、釣り場の状況で使い分け可能。
 ・「Cross Over」- 眼鏡の上へ乗せるオーバーグラス。ノーズパッド着脱式で、通常の偏光グラスとしても。

□ 小さ目のモデルは?

 ・「RECA」- 小顔の男性や女性にもジャストフィットのやや小ぶりなサイズ感。
 ・「REVIN」- 魅力的な価格でありながら必要十分な遮光性。

□ 子供に偏光グラスを掛けさせたい!

 ・「KIDS 01」- 小学生を対象としたキッズモデル。ストラップ付属で紛失防止。大人モデル同様の遮光性。

□ サングラスには金属の光沢と輝きが外せない!

 ・「Dorio」 – 大き目レンズと立体的なデザインでありながら超軽量。段落ちに墨入れした個性的なアルミモデル。
 ・「Feiz / Feiz Alt」-  カーボンとチタンのコンビが、ジャケットスタイルにも決まります。
 ・「Walz / Walz Alt」- レンズ枠とフレームが独立構造で、フレームがたわんでもレンズに影響無し。
 ・「Vanq gaga」- 樹脂枠とチタンのハイブリット。肉抜きされたテンプルは個性的で、見た目にも軽量。
 ・「Serio elf」- 随所にエッジを効かせた、アルミの軽量モデル。絶妙なサイズのレンズで、多くの人にフィット。