シーバスの宮川靖プロ

関西シーバスの宮川靖プロのコメントを紹介します。
(使用モデル:VERO 2nd / TRUEVIEW SPORTS)

宮川靖

目を保護するのが第一目的、しかしデイゲームアングラーの能力もアップする

シーバスデイゲームが流行りだして何年になるでしょう。
もともと眼鏡を愛用していた私ですが、デイゲームでの偏光グラスは今や必需品になっています。「目を保護する」という意味では、もちろん十分注意してルアーゲームを楽しんでいますが、少し言い方が悪いですが鋭い針がついたルアーを何度もキャストする訳ですから、裸眼より更に安全にルアーフィッシングを楽しめるアイウェアとしても必要不可欠です。
デザインでも見た目が重要で、やはり流行りのシーバスゲーム。ウェアやベストに至るまで見た目重視の物が主流となっています。私の使用しているサングラスも非常にデザインが良く、掛け心地も軽く違和感がありません。
時々掛けているのを忘れる程です。(笑)

戦闘能力UP!「見える」と言うプラス要素

  • メソッドが生きる

水中の岩やテトラの状態が見えるという事は、アングラーにとっても非常に重要です。現在のデイゲームシーバスでは、アングラーの増加により港湾の激戦区エリアでは、そう簡単に良い釣果には恵まれません。
例えば沈んでいる岩やテトラの際スレスレ、あるいはそれに一度ぶつけてリアクションで食わすような事は、当たり前にやっています。そうなると絶対的に「見えない」と話にならない訳で、偏光グラスの必要性は語らずともいいでしょう。
そしてシーバスのチェイスが見えるか見えないかでは、大きな差が生まれます。
見えていればUターンしてしまったシーバスの即フォロー、そして追尾しているシーバスを食わせる為に止めて沈める、あるいはアクションを入れてリアクションバイトを誘発するなどのメソッドが、デイゲームでは釣果を伸ばします。

  • ベイト、潮目

これを見逃すと重要なタイミングを外してしまいます。
潮目は比較的に見えやすいですが、逆光で見えにくい場合も偏光グラスを装着することで全く見え方が違います。潮目は潮変わりなどのタイミングで流れにより動きますが、潮目が動き出して止まって、落ち着いた直後が一番のチャンスタイム。
そしてベイトが回遊してきたタイミングでシーバスの活性が上がります。
ベイトの大群なら分かりやすくても、小さな群れは裸眼では見逃すこともあります。

偏光グラスを使用することで、デイゲームの釣果がアップするのは理解して頂けたでしょうか。今や私も必需品となっています。

 

Comments are closed.