初夏でもメバル

大阪湾でショアからのロックフィッシュといえば、
やはりメバル・ガシラが代表的なターゲットでしょう。

この2魚種は、冬の釣りモノが少ない時期の貴重なターゲットとなりますが、
実は通年狙える魚種でもあります。

(冬の楽しみの為にも、乱獲は慎んで下さいね)

特に、メバルは「バチ」絡みで思わぬ場所で思わぬサイズが入れ食いになることもあります。

最近好調の某所に、仕事終わりで出撃。
途中、知る人ぞ知るローカルな有名ラーメン屋で腹ごしらえ。

そして、某所に着き期待を込めて1投目、いきなりのヒット!
大阪湾にしてはまあまあのサイズです。

mebaru2
メバルでは、小さいワームでの釣りがスタンダードですが、
アベレージサイズが大きめの時や、ベイトの種類によってはハードルアーへの反応が良い場合もあります。

この夜も、ハードプラグでガンガン当たってくる、メバルゲームにしてはストロングなパターン。

そしてなぜかこんなオマケも、、、。

hitode

場所をウィードの絡むシャローエリアへと移動。

こういうジグヘッドやプラグでは攻めにくい場所や、魚が浮いている時は
「タケダ式フロートリグ」の独壇場です。

float

サイズを問わなければ入れ食い!でした。
やっぱりタケちゃんは偉大です。

アジングと併せて、メバルも場所を選べばまだまだ楽しめます。

半袖で楽しめる初夏のライトゲームも良いものですね。

Comments are closed.