ルアーフィッシングにもマスターブルー

大好評の新レンズ「マスターブルー」ですが、グレ釣り以外にはどうなの?という声も頂きます。

ではルアーフィッシングでの簡単なインプレを。

 
まずはジギング。

水深がある所での釣りでは、どうせ見えないし魚探で反応が判るし、偏光があっても無くても一緒じゃないか?と思っている人も多いですが、オフショアでの光量をなめたら駄目です。目へのストレスはかなりのものです。

まずは紫外線、そしてジグやルアーが飛んでくるなどの万が一のトラブルからの目の保護の為にも偏光グラスは必ず着用しましょう。ライフジャケット同様、身を守ってくれる防具です。

そして、偏光グラスの使用により水面の反射を抑えてラインが何処へ流されているかも判りやすいので、乗り合いなど多人数での釣行でもオマツリを回避して快適な釣りができます。

マスターブルーなら、白系・青系色が見やすくなるので、特に白いPEラインがはっきり見えます。

また透明度の高い沖合いで自然さを損なわずに使え、特に水中の色が判りやすいので海中の温度や酸素量など条件が変わるエリアが一目瞭然です。

また、青物の背中が非常に鮮やかになりますので、キャスティングやトップでの青物・シイラゲームにも非常にお勧めです。

光量の多いオフショアでは、マスターブルーは晴天~雨天の天候が使いやすいでしょう。

ちなみに晴天、特に快晴時には眩しさを抑えて目が楽なトゥルービューフォーカスもお勧めです。

また、船酔いしやすい人には掛けたときに少しでも圧迫感の少ないモデルの方がお勧めです。

ZEAL OPTICSには掛けたときに軽くて締め付けの少ないモデルも多くありますので、機会がありましたら色々試着してみてください。

 

そしてエギング。

サイトの釣りでの偏光グラスの必需性は言うまでも無いですが、ブラインドの釣りでも偏光があればウィードやミオ筋・潮目・ベイトフィッシュなど、狙い所を絞って効率の良い釣りを展開できます。

マスターブルーはやはり白いPEが非常に見やすくなりますので、いつも使っているラインが白い人に非常にお勧めです。

これまたナチュラルな見え方なので、クリアウォーターでの的確な状況判断がしやすいでしょう。


 

そしてバス。

ナチュラル系レンズのマスターブルーは、どちらかと言うとクリアウォーターでの使用に向いています。

アフター回復に向かうこれからの季節、透明度の高い川やリザーバーのバックウォーターなどにバスが集結し、スクールする魚影が丸見えです。白系色が強調され、バスのお腹やベイトフィッシュも見やすくなります。

マスターブルーは透明度が高い所で特性がより一層生きますので、池原や七色ダムなどのジンクリアなリザーバーでの使用も非常にお勧めです。

勿論、マッディーウォーターでも水面の反射を抑えてラインの動きが見やすくなってアタリも判りやすくなり、ストレスの少ない釣りが出来ます。

ただ、コントラスト性は他レンズより若干弱くなりますので、サイトでの釣りやピンスポットのストラクチャーを絞り込みたい人には水の色やバックの色に合わせたレンズセレクトがお勧めです。

例えばウィードエリアではイーズグリーン、赤土やロックエリアではラスターブラウン・アクションコパーなどの方が、より細かいピンスポットを絞り込みやすいでしょう。

マスターブルーは視界全体から自然な状況判断をしたい方に特にお勧めのレンズです。


 

マスターブルーは他のジャンルでもお勧めレンズです。

例えばエリアトラウトなどでもシビアなカラーローテーションに役に立つでしょう。

マスターブルー搭載モデルは、ルアーフィッシングにもお勧めのスポーティーなモデルも色々ラインナップされております。

ルアーマンにも人気のモデルは、先日紹介のCEREBROをはじめ、新モデルのVANQ gaga、VERO、NAKID、NEO AVENGEなど、選択肢もたくさんで選ぶ楽しみも増えています。

特性を理解したレンズセレクトは釣りの幅を広げてくれますので、固定観念にとらわれずに色々な使い方を試してみて下さい。

Comments are closed.