冬の豆バス祭り

いよいよ本格的な寒さで、冬の到来ですね。

極寒の中での釣りはなかなか厳しいモノもありますが、この時期ならではの釣りも存在します。

そう、琵琶湖では「漁港の釣り」の開幕です!

 091128_1227~0001

小さい豆バスがほとんどですが、上手い人なら3桁釣果も!な漁港の釣り。

世界記録が居るかも知れない湖で、こんなチビ釣って何がオモロいの?と言う人もいます。

確かにそうかも知れませんが、「ハイプレッシャーの人ごみの中で、誰よりも釣る」と言うのも漁港やエリアの醍醐味です。マメとは言え、誰よりも釣ろうと思えばちゃんとテクニックを磨かなければいけませんし、何よりも「何処言ってもボウズ当たり前な状況でも、漁港でなら釣れる」と言うのは非常にありがたい話であります。

さて、そんな漁港で釣る為のコツですが、まずは「何処にルアーを通すか」が一番重要です。

魚探の無いオカッパリでは、自分の目が一番の魚探です。偏光グラスは最大の武器になります。

特に、冬で水が澄んでいる状況で、枯れ残ったウィードが港内にある状況では、「イーズグリーン」がお勧めです。残りウィードの上にポカーっと浮かぶ魚が非常に見やすくなります。

また、これから雪が降ったり天候の悪い日も多く、日照時間も短いので、ローライトコンディションでの釣行も多くなります。

そういった状況でも「イーズグリーン」は明るく見やすくてお勧めですよ。

人口密集地帯なら特に、人のタックルやファッションが気になるもの。そこでこの冬にお勧めなのが、限定モデル VERO 「F-1025」です。

 
VERO-F-1025
 

オールマットブラックの渋いフレームに、さり気ないブルーミラーがスタイリッシュ。レンズカラーはもちろんイーズグリーンです。

限定で希少価値も高いので、分かる人には分かる格好良さです。

人が多い漁港では、思わぬ事故を防ぐ防具としても、偏光グラスを掛けて下さいね。

Comments are closed.