水という名のサングラス

もてはやされた「ホスピタリティー」を横目に辿り着いたのは「等身大のユーザビリティー」

こだわり続けたマーケットインのスタンス

導き出された一つの最大公約数はあまりにも単純明快

 
「出来るだけ軽くて疲れないのがよい」
 

ならばと、ユーザーに必要な軽さをカタチにしたとき

水面で浮遊するほどの軽量性が生まれた
 

Hydro イドラ  [仏語] : 水
 


 

閉塞感漂う時世の中で、時季の移ろいを未だ楽しむ余裕を見せつけるエリアが欧州に存在した。

舞い降りたインスピレーションは「流麗な筋肉質」

Zealの新たな血統を予感させる

Comments are closed.