偏光サングラスのメンテナンスと保管

偏光サングラスのメンテナンスって必要?

はい、必要です。しかし、方法がわからないという方も少なくありません。

長くご使用して頂くために、今回はメンテナンス方法についてご紹介します!

アウトドア用のサングラスだから濡れて汚れたまま放置でも大丈夫!というわけではありません。

大雨や雪、真夏の炎天下で使用しただけで、偏光グラスが致命的なダメージを受けることはありませんが、
使用後のお手入れや保管の際に注意が必要です。ご使用頻度やメンテナンスによって製品の寿命は変わります。

【準備するもの】

・メガネ拭き(サングラスクロス)

・メガネクリーナー

・メガネ用洗剤もしくは中性洗剤

 

【日常のお手入れ】

レンズを拭く時は、メガネレンズ用のクリーナーを使用してメガネ拭きで拭き取ります。
クリーナーの量が少ないと付着した砂埃などで傷がつく恐れがありますので、少し多めに吹きかけます。

フレームも同じようにメガネ拭きでべたつきを拭き取ってください。
必ずメガネ・サングラス用のクロスを使用してください。
たとえ船の上でも、魚の血が付いたタオルや、汗や潮をかぶったズボンやTシャツでは拭かないでください!


直接レンズに吹きかけます。


フレームが歪まないように、拭く方の枠を持ちましょう。


裏側もしっかりと。
 

【ひどい汚れの場合】

釣りやアウトドアを一日楽しんだ後は、砂埃・塩分・油分などが多く付着していますので、丁寧なお手入れが必要です。

まず、レンズ・フレーム全体を水で洗い流しましょう。この段階ではこすらずに洗い流すだけです。
固形物が付着した状態でこすると、ヤスリでこするのと同じようにレンズが傷つく恐れがあります。

汚れが落ちない場合は、メガネ用洗剤もしくは中性洗剤を使用します。

※必ず「中性」の洗剤(台所用の食器洗剤など)を使用してください。
「化粧石鹸・ハンドソープ・窓ガラスクリーナー」などの酸性・アルカリ性の洗剤で洗うと、
レンズ表面のコーティングを痛める原因になります。

水で全体を洗い流した後、中性洗剤を少量(数滴)泡立てて、
爪でこすらないように指の腹でなでるように優しく洗いましょう。


流水で洗浄し、洗剤をつけます。

ノーズパッドや先ゴム(耳にかける部分)は直接皮膚に触れる部分なので、
劣化の原因となる皮脂や汗が付着しています。レンズと同様に中性洗剤で洗いましょう。


ノーズパッドも汗と皮脂が蓄積しています。丁寧に洗いましょう。


先ゴムも同じように洗います。


洗い流して、綺麗になりました。
 

【拭き方】

レンズへの傷を防止するため、硬く目の粗い素材ではなく
メガネ拭きや「クロス AS-040」のような専用クロスを使用することが大切です。

水洗い後の水滴を除去する場合は、キッチンペーパーやティッシュペーパーを使用することも可能ですが、
あまりこすらずに押し拭きして水分を除去してください。

フレームに負担をかけないように、拭く方のレンズ枠を持ち、クロスを使用して拭き上げます。

レンズがセットされているリム(縁の部分)溝周辺に、水分が残っている場合があるので、
直射日光や高温多湿になる場所を避けて十分に自然乾燥させてください。乾燥後はケースに保管します。
 

【保管】

水に濡れたままの放置は厳禁です。急激な温度差や60℃以上の高温にもご注意ください。
真夏の日中の車内や砂浜、暖房器具や火の近くなどを避けてケースに保管しましょう。

特にノーズパッドや先ゴムなどは、汗や皮脂で劣化しやすいパーツです。

レンズ表面のひどい傷。

先ゴム・ノーズパッドの変色や劣化。

上の画像のように長く使用していてダメージが激しい商品は、
日々のお手入れでも綺麗にならないことはあると思います。

その場合は新しいパーツの取り寄せや修理交換も可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

眼鏡ユーザーが選べる3つのモデル

眼鏡ユーザーにとって最適な偏光グラスとは何か?

メーカーとしては、サイズのフィット感や価格面など最善のモデルを1本開発出来れば良いのですが、それがなかなか出来ないのが悩ましいところです。

なぜなら、皆さんのお使いの眼鏡は、サイズや形状、使い方が人それぞれだからです。

Zequeでは、これまで頂いたご意見 / ご感想から眼鏡ユーザー向けのオーバーグラスを試行錯誤しながら開発してきました。

今のところの結論は、いくつかのオーバーグラスをご用意し、そのうちのどれかが、あなたにとっての最適の1本となることを目指しました。

今年のオーバーグラス新商品「OPA」の発表で、Zequeでは全3モデルのオーバーグラスがラインナップされました。

3つのモデルから選べる、あなたにとっての最適なオーバーグラスはどれか?

  1. オーパ / OPA
  2. バロン / Baron
  3. クロスオーバー / Cross Over

それぞれに特徴があります。

簡単に解説致しますので、最適な1本を見つけてください。

1.〈オーパ / OPA〉 4月以降発売

眼鏡の上からすっぽり被せるタイプのオーバーグラス。

オーバーグラスと聞いて、まずイメージするのがこのタイプではないでしょうか。

◇メリット

  • 「すっぽり」と被せることによる高い遮光性

  • 可能な限りの通気性を確保。(覆う面積が大きいほど曇りがちです)
  • フレーム面積が大きくても22gと超軽量
  • 耳に掛ける部分(モダン)が自由に曲げられるから、掛け心地やメガネとのフィット感調整にも。ラバー製でズレ防止にも。
  • 安価

◆デメリット

  • お使いの眼鏡サイズとサイズが合わない場合がある
  • 側面まで覆われているため、目の端で周りの状況を察知し辛い

OPAをより詳しく知るには☟

https://www.zeque.net/product/model/opa/

2.〈バロン / Baron〉

眼鏡フレームと偏光ジャケットのセットアップモデル。

眼鏡フレームは通常の度付き眼鏡としてご使用いただき、偏光が必要な際に付属の偏光ジャケット(オーバーグラスの機能)をフレームに装着してください。

※従来のBaron偏光ジャケットのレンズサイズと遮光性がアップして、リニューアルデビューしました。これまでお使いのBaron眼鏡フレームにもご使用可能です。

◇メリット

  • フレームとジャケットが専用設計だから、なんといっても最高の干合性
  • レンズカラーが複数必要な際は、カラー毎に偏光ジャケットを購入するだけで済むため、度付きの偏光グラスを複数買うよりも安価
  • 携帯性が良い。レンズカラーを変える際はジャケットだけ持ち歩けばいい為、サングラスを複数持つよりも省スペース

◆デメリット

  • 偏光ジャケットはBaronのフレームにしか装着出来ない

バロンをより詳しく知るには☟

https://www.zeque.net/product/model/baron/

3.〈クロスオーバー / Cross Over〉

1本で2通りの使い方が出来るオーバーグラス。

眼鏡の上から掛けて良し、裸眼やコンタクト時に普通の偏光グラスとしての使用も良し。

◇メリット

  • オーバーグラスらしからぬ見た目。使い方はお使いの眼鏡の上から掛けるだけ。遮光にはこだわらず、とにかくすっきりした見た目のオーバーグラスをお求めの方へ。
  • 眼鏡不使用時でも掛けられる、普通の偏光グラスのデザインだから、コンタクトの日や裸眼でも使える汎用性
  • 側面を覆っていないため、周辺の安全確認がし易い。特に足場の悪い釣り場や車の運転時にも最適
  • とにかく軽い掛け心地。眼鏡との2本掛けで軽いことを前提に作られているため、単体使用での軽さは驚異的
  • テンプルが開いてもレンズには影響なし。レンズ枠のフロント部がテンプルの開き具合によって影響を受けない構造なので、顔サイズでテンプルが広がっても問題無し。

◆デメリット

  • お使いの眼鏡サイズとサイズが合わない場合がある
  • 遮光性は無し
  • 比較的柔らかい掛け心地のため、カッチリ感ある掛け心地をお求めの方には物足りない場合も。

クロスオーバーをより詳しく知るには☟

https://www.zeque.net/product/model/crossover/

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

如何でしたでしょうか?

良さそうなモデルはみつかりましたか?

実際に店頭でご試着を頂き、最良の1本で釣りを楽しんでください!

 

 

 

 

 

アクションコパー(AC)レンズの取扱い、再開しました。

この度、アクションコパーレンズの取扱いを下記のモデル限定で再開しました。

Vanq X (マットブラック x アクションコパー)品番:F-1766

Dorio (ブラック/グレー x アクションコパー)品番:F-1676

STELTH (マットブラック x アクションコパー)品番:F-1808

◇アクションコパーの特徴

あらゆる物をクッキリと浮かび上がらせるコントラスト性能。
目が追う対象物をシャープに際立たせ、水中や水底のストラクチャーのエッジを強調。
アバウトではなく、確実なキャストスポットを映し出す。
同系色の赤やピンク、オレンジ系の視認性も向上。

レンズチャートからも分かる通り、ブラウン系のレンズで比較対象になるのが『ラスターオレンジ(LO)』です。
どちらのカラーもコントラストを強調したレンズですが、アクションコパーの方がコントラストが強く、レンズが濃いのが特徴です。

Zequeサポートプロにも多くのアクションコパー愛用者がおります。
プロの現場の声をご参考ください。


◇ヘラ

『アクションコパー』は悪天候時、特にウキのトップを強調したい場合よく使用しています。私は強い雨風と暗い天候下において、その性能が大きく役立ち、かつて全国大会を制した思い出あるカラーです。 杉山達也 / 達人代表

◇バス
クリアレイクのロックエリアから濁りを伴う野池まで、ボトムの形状や変化をしっかりと映し出す。ルアーを追う魚を遠くからでも認識できる。 田辺哲男 / ノリーズ代表

◇ロックフィッシュ
ボトムの地形はもちろん深さまで把握できる。 佐藤文紀 / プロズワン代表

◇フライフィッシング
アクションコパーはほぼオールマイティ。「魚影を探す」という能力ではこれほど強力なレンズはありません。 安田陽一郎 / ファーイーストヘブン代表