跳ね上げ式にも遮光性能 / SALTO(サルト)

Zeque(ZEAL OPTICS)ラインナップの中で唯一の跳ね上げモデルであるSALTO。

偏光グラスを外すシチュエーションというのは結構ある。
そんな時は、片手で簡単に跳ね上げて裸眼の状態に出来る。
サングラスを毎回外す煩わしさを考えたら、跳ね上げだけで済むのは大きなメリットだ。

◇サングラスを外したり、掛けたりを繰り返す状況はどんな時か?

□一番分かりやすいのは、ドライブでのトンネル走行。
トンネルに入ったら偏光グラスを外し、トンネルを抜けたらまた掛ける。

これは多くの人が経験していると思う。

運転中に外した偏光グラスはどこに置くのか?
入ったトンネルの長さだったり、トンネルの連続箇所と状況によって異なるが、またすぐに掛けると分かっていて、サンバイザーに取り付けたサングラスホルダーや、ナビ付近の小物入れ、またはアームレスト近くの平らな場所に、その都度仕舞うのは煩わしい。
ハンドルを握りながらの偏光グラスの掛け外しの手間と、片手で跳ね上げるだけ、を考えれば、どれだけ跳ね上げが楽で安全なことだろうか。

□カーナビモニターのチェックにもメリットがある。

偏光グラス越しのモニターは状況によってかなり見辛い時がある。
最近の車に搭載されているナビは、太陽光のある日中(ヘッドライトが点灯していない時)は自動的にモニターの照度を落としているからだ。
そんな時にも片手で瞬時に裸眼で確認することが可能だ。

◇釣りでの跳ね上げのメリットはどうだろうか?

□暗所での安全確認に
・朝夕マヅメ時など見えにくい状況でのテトラや磯場など、一歩間違えるとかなり危険な場所では裸眼での状況確認が必要となる。
・渓流の釣り上がり時。特に山岳地帯では頭上の開けていない、木々のうっそうとした場所では昼間でも薄暗い。

□レンズ曇りの強制換気に
・SALTOは遮光性や風の巻き込みを軽減するためにフロント一体型の風防を備えている。

湿度の高い日や猛暑日、山岳での上り移動などで多量の汗をかく様な状況ではレンズが曇ることがあるが、そんな時にも跳ね上げて瞬時に曇りを解消できる。

□スマホ、デジカメ、魚探のモニター確認に
・釣行の写真撮影や、アウトドアでGPSを確認するときは、太陽光の強弱や角度、またモニターの角度により見辛くなる時がある。
・撮影した写真の色味や露光確認にも便利。

□釣り人はポケットがふさがりがち
・釣り人のポケットはルアー、重り、ライン、ハサミ、地形図などでいっぱいだ。外して直ぐにまた掛ける偏光グラスを仕舞うスペースはなかったりする。
また、グラスコードを使用して首元にぶら下げる方法では、他の装備とバッティングしたり、ラインが絡むトラブルの元となったりで具合が悪い時もある。
偏光グラスは掛け続けているに越したことはない。

上記で挙げただけでも、SALTOを使用するメリットは十分にある。

フレームカラーは全3色。
ブラック × シルバー

ブラック × ガンメタル

ブラウンデミ × ブラウン

レンズカラーなど詳細はこちらから!