眼鏡ユーザーが選べる3つのモデル

眼鏡ユーザーにとって最適な偏光グラスとは何か?

メーカーとしては、サイズのフィット感や価格面など最善のモデルを1本開発出来れば良いのですが、それがなかなか出来ないのが悩ましいところです。

なぜなら、皆さんのお使いの眼鏡は、サイズや形状、使い方が人それぞれだからです。

Zequeでは、これまで頂いたご意見 / ご感想から眼鏡ユーザー向けのオーバーグラスを試行錯誤しながら開発してきました。

今のところの結論は、いくつかのオーバーグラスをご用意し、そのうちのどれかが、あなたにとっての最適の1本となることを目指しました。

今年のオーバーグラス新商品「OPA」の発表で、Zequeでは全3モデルのオーバーグラスがラインナップされました。

3つのモデルから選べる、あなたにとっての最適なオーバーグラスはどれか?

  1. オーパ / OPA
  2. バロン / Baron
  3. クロスオーバー / Cross Over

それぞれに特徴があります。

簡単に解説致しますので、最適な1本を見つけてください。

1.〈オーパ / OPA〉 4月以降発売

眼鏡の上からすっぽり被せるタイプのオーバーグラス。

オーバーグラスと聞いて、まずイメージするのがこのタイプではないでしょうか。

◇メリット

  • 「すっぽり」と被せることによる高い遮光性

  • 可能な限りの通気性を確保。(覆う面積が大きいほど曇りがちです)
  • フレーム面積が大きくても22gと超軽量
  • 耳に掛ける部分(モダン)が自由に曲げられるから、掛け心地やメガネとのフィット感調整にも。ラバー製でズレ防止にも。
  • 安価

◆デメリット

  • お使いの眼鏡サイズとサイズが合わない場合がある
  • 側面まで覆われているため、目の端で周りの状況を察知し辛い

OPAをより詳しく知るには☟

https://www.zeque.net/product/model/opa/

2.〈バロン / Baron〉

眼鏡フレームと偏光ジャケットのセットアップモデル。

眼鏡フレームは通常の度付き眼鏡としてご使用いただき、偏光が必要な際に付属の偏光ジャケット(オーバーグラスの機能)をフレームに装着してください。

※従来のBaron偏光ジャケットのレンズサイズと遮光性がアップして、リニューアルデビューしました。これまでお使いのBaron眼鏡フレームにもご使用可能です。

◇メリット

  • フレームとジャケットが専用設計だから、なんといっても最高の干合性
  • レンズカラーが複数必要な際は、カラー毎に偏光ジャケットを購入するだけで済むため、度付きの偏光グラスを複数買うよりも安価
  • 携帯性が良い。レンズカラーを変える際はジャケットだけ持ち歩けばいい為、サングラスを複数持つよりも省スペース

◆デメリット

  • 偏光ジャケットはBaronのフレームにしか装着出来ない

バロンをより詳しく知るには☟

https://www.zeque.net/product/model/baron/

3.〈クロスオーバー / Cross Over〉

1本で2通りの使い方が出来るオーバーグラス。

眼鏡の上から掛けて良し、裸眼やコンタクト時に普通の偏光グラスとしての使用も良し。

◇メリット

  • オーバーグラスらしからぬ見た目。使い方はお使いの眼鏡の上から掛けるだけ。遮光にはこだわらず、とにかくすっきりした見た目のオーバーグラスをお求めの方へ。
  • 眼鏡不使用時でも掛けられる、普通の偏光グラスのデザインだから、コンタクトの日や裸眼でも使える汎用性
  • 側面を覆っていないため、周辺の安全確認がし易い。特に足場の悪い釣り場や車の運転時にも最適
  • とにかく軽い掛け心地。眼鏡との2本掛けで軽いことを前提に作られているため、単体使用での軽さは驚異的
  • テンプルが開いてもレンズには影響なし。レンズ枠のフロント部がテンプルの開き具合によって影響を受けない構造なので、顔サイズでテンプルが広がっても問題無し。

◆デメリット

  • お使いの眼鏡サイズとサイズが合わない場合がある
  • 遮光性は無し
  • 比較的柔らかい掛け心地のため、カッチリ感ある掛け心地をお求めの方には物足りない場合も。

クロスオーバーをより詳しく知るには☟

https://www.zeque.net/product/model/crossover/

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

如何でしたでしょうか?

良さそうなモデルはみつかりましたか?

実際に店頭でご試着を頂き、最良の1本で釣りを楽しんでください!

 

 

 

 

 

Zeque/ゼクー 2020年ニューモデル

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ、よろしくお願い申し上げます。

1月17日~19日に開催される横浜でのフィッシングショーを皮切りに、全国5か所のフィッシングショーに出展致します。
フィッシングショーでは2020年の新作、従来モデルをご用意いたします。
直に手に取ってご試着頂ける絶好の機会です。
製品の特長や普段疑問に感じている事など、直接メーカースタッフがお答えいたします。
是非お近くのフィッシングショーへお越しください。

2020年のニューモデルをご紹介します。
全部で5モデルの発表です。

(各モデルの発売時期は、今後のブログやフェイスブック、インスタグラムでお知らせ致します。)

立体感がありながらも軽量で、金属の光沢が美しいアルミフレームからは2モデルが登場。

「VEGA / ヴェガ」
細いフレームに大胆な面カッティングを施したツーブリッジモデル。
6角形のレンズシェイプで視界を広く確保しながらも、掛けやすいスクエア調にアレンジ。
細くてシャープなだけでなく、アルミならではの立体感がグラマラスな印象。
要所要所ではかなり個性を主張しているのに、実際に掛けてみると比較的色々な顔型にハマる万能モデル。

「DECK / デック」
定番のウェリントンをアルミ素材でアレンジ。
角度を変えるごとにヘアラインの硬質な光沢が映える。
テンプルサイドにはカーボンのワンポイントを差し色に。
メタルとカーボンのコントラストが効いた、Zequeアレンジのウェリントンモデル。

「Jaz / ジャズ」
昨年に発表したカーボンフロントのJET/ジェットの第2弾。
Jazもフロントリムにマシンカットで削り出したリアルカーボンを踏襲し、ブリッジには格子状に刻まれた軽量なチタンを採用。
テンプルはβチタン製だから、しなやかなフィット感はJET同様。
クラシカルなボストンタイプをカーボンとチタンのハイエンド素材でZeque流にアレンジしたモダンクラシック。
チタンとカーボンだから、軽さも最軽量の23g台。
レトロな釣りのスタイルや、フライフィッシング、また普段使いでのスーツやジャケットスタイルにも。

「Juno / ジュノ」
女性や小顔の男性、ティーンズにもジャストサイズで。
カジュアルスタイルにも合うデザインながら、6カーブレンズを採用したわけは、デザインを崩すことなく横からの光の侵入を最小限に抑えること。
新たに採用した穴あきのノーズパッドは、肌への接地面積が小さいから、汗だまりを抑えて汗ズレを軽減したり、化粧崩れにも効果的だったり。
バネヒンジにはβチタンを採用して、柔らかな掛け心地。そして、ノーズパッドの鼻高さ調整や、先ゴム曲げ調整も出来るから、フィット調整は万全。
24g台と軽量なのも特徴。

「OPA / オーパ」
メガネの上からすっぽりと覆うタイプのオーバーグラス。
特徴は上面、側面、正面に設けた数多くの通気孔。
眼鏡をしっかりとホールドしたり、遮光性に特化するとその分、カバーするフレームの面積が大きくなり、状況によっては曇りが生じる。
遮光性と曇り解消の両立を目指したZequeのオーバーグラス。
先ゴムの曲げ調整が可能で、フィット感向上とズレ軽減。
※ご使用のメガネとのフィットはサイズの数値だけでは判断できないため、実際にご試着していただく事をお勧めします。
※曇りは個人差があります。無風や風の弱い状況では通気孔の効果を得られない場合があります。

スタイリッシュでワイドな視界 / STELTH(ステルス)

ワイドな視界で遮光性がありながらも、とても軽くてスタイリッシュなデザイン。
これまで多くのプロやユーザーから愛用されてきた、Zequeブランドのラインナップで1、2の人気を争うロングセラーモデルです。

◇特徴は?

□最大サイズの広い視界。視界の端で起こる変化も見逃しません。


Zequeラインナップモデルでも最大のレンズサイズを搭載したSTLETH。
釣りでは、ラインの先を見るだけでなく、刻々と変化する周りの状況を把握することも重要です。
水や風の流れの変化、ベイトのざわつき、飛んでいる虫や鳥など、釣果を得るための必要な情報を見逃さないために。

□スタイリッシュなデザイン


ブリッジ先端からの流れるような曲線は、従来の6カーブレンズ採用モデルに比べて、よりフェイスラインに沿ったフォルムになっています。
スポーティな要素がありながら、タウンユースでも違和感なくご使用いただける汎用性の高いデザインです。
また、大き目のレンズは様々な顔型に合わせやすいことからも、多くの方から支持される理由の一つと言えるでしょう。

これ1本あると何かと重宝するモデルです。
カラーラインナップはこちらから