Glasses Case(メガネケース)

glasscase1

御陰様で新商品「Vanq」も無事に発売開始しました。
有難う御座います。

お手元に届いた方は既にお気付きかもしれませんが
この度、パッケージも装いを新たにリニューアル。

case2

箱を開けると、新しいメガネケースが。
こちらのメガネケースはグッズ商品としても販売中です。

case3

“Vanq”シリーズ中、フレームカラー:トリコロールだけは白いケースに包まれてデリバリー。
(色違いの他の製品には黒いメガネケースが付属)
理由はただシンプルに、”似合うかどうか”

ところで、明日からZEAL OPTICSも待ちに待ったGW。
皆様の予定はいかがでしょうか。
嬉しいことにGW中は良い天気が続くようですね。
全国的に晴れが多く、絶好の行楽日和。

ただ、高速料金の割引もあって高速道路の渋滞が例年よりも凄そうです。
新型インフルエンザと大渋滞にはお気をつけて。

では皆様、良い休日を!

春の嵐

関西地方も桜が咲き始めましたが、皆様の所はいかがでしょうか?

地上では桜が咲く頃、水中でも同様に春の訪れを感じられ
冬モードだった魚達がいきなり春のスポーニング前の荒食いを始める季節でもあります。

寒波襲来前の先週、ポカポカした日が数日続いたので
もうそろそろ春モードになっていないかな?と期待を込めて
ZEALスタッフ達は加西方面へと出かけてきました。

前日から朝まで雨が降っていたので昼前からの遅めのスタート。

春の雨は水温が上がって良い条件になることが多いので
雨上がりでプレッシャーも低いし遅めのスタートでも大丈夫だろう、と思いながら現場に着いてみると
爆風が吹き荒れていました…。
そして雨と風の影響か、池の水は激濁り。
おまけに風の影響か、気温・水温も思った程は上がって来ない…。

キャストもままならない状態の爆風が吹き荒れる中、
早々にこの場所を見切って少しでも条件の良いスポットを探してラン&ガン!

野池が密集している地域では1箇所で粘り続けるより
少しでも条件の良い池を探して移動を繰り返す事がバスを手にする近道です。
(勿論、渋いスポットから粘って1匹を搾り出すのも楽しいのですが)

特に山間の野池群では、必ず風裏になるポイントがあるはずです。
カーナビや地図とにらめっこしながら山の位置・風向き・太陽の向きを計算すれば
好条件のスポットが絞り込めるでしょう。

何度も移動を繰り返し、ついに風がブロックされつつ日当たりの良いエリアを見つけました。

ここにおらんかったら何処にいる?と思いながら、
そこに生えているアシの隙間にラバージグを放り込むと一発でラインが横走り!
そして即アワセ!!

40cmjustナイスプロポーションの40センチジャストでした。

マッディな水質でも、高性能な偏光グラスがあれば水面下のストラクチャーも認識出来るので、ピンスポットを絞り込めます。
シビアになればなるほど正確なキャストを求められるバス釣りでは、キャストの腕も勿論必要ですが、この「スポットの絞り込み」が効率の良い釣りへの必須条件となります。

無駄撃ちが無くなれば時間の短縮にもなりますし、場所を荒らす事も無くなるので結果として釣果を伸ばすことが出来るはずです。

 

そしてラインでアタリを取る事も多いジグやワームの釣りで、偏光グラスがあるとどれだけ有利かは今更言うまでもありません。

kasaiやっぱりこのエリアですよねー、と思っていると、
その日当たりの良いエリアに沈む枯れ枝のそばにインチワッキーをキャストしたスタッフにもすぐさまヒット!

やっぱりこの日の鍵は、日当たり・風裏・ストラクチャーでした。

春間近でも、この日は巻物には反応が無い厳しい日でした。

しかしひたすら巻物を投げ続け「マイゲーム」をやり通したスタッフは魚を手にする事は出来ませんでしたが、「自分の魚」を求めて次回もスピナーベイトを投げ続けるでしょう。

でも、一応ラバージグも買っといて下さいね。

エリアトラウト

春めいてきてポカポカ陽気だった週末、
釣りに出かけられた方も多かったのではないでしょうか。

ZEALスタッフも管理釣り場へとトラウトを釣りに出かけてきました。

エリアではまだルアーを見慣れていない朝イチのフレッシュな時間帯や
放流直後の活性が上がった瞬間が特に狙い目です。

この日も、幸先良く1投目からイワナがヒット!

その後も定番のマイクロスプーンでレインボーが連発です。

01

ある程度時間が経つと、トラウトも活性が落ち着きます。

しかしその日のパターンを掴んだ者だけが
周りは沈黙する中でも一人だけ連発!!も夢ではありません。
それがエリアの醍醐味でもあります。

オイシイ思いをしたい人は、色んなタイプ・色んなカラーのルアーをいっぱい持って行きましょう。

03
 
この日は、数日前の雨の影響からか若干増水・濁り気味で
活性は低めだった為か、「ボトム攻め」が有効でした。

 
トラウトの繊細なアタリを捉える為に、偏光グラスは必需品です。

ロッドに伝わらない微かにラインが揺れるだけのアタリは
偏光グラスが無いと非常に分かりにくいです。

このアタリがちゃんと取れるかどうかで釣果にかなりの差が出ます。

また、人が密集する管理釣り場では目の保護の為にも偏光グラスを身に着けましょう。

002この日は風は強いものの良く晴れていたので
レンズカラーはトゥルービュースポーツをチョイス。

水中のトラウトも良く見えたので
何匹もサイトで仕留めることが出来ました。
 
水中の色彩変化も少ないので
シビアなスプーンのカラーセレクトにも役立ちます。

このDEFIには勿論「スリップストッパー」を装備。

ズレ難く快適な釣行でした。

 
ちょっとした小物ですが「こんなに変わるの!?」と思う程に効果絶大です。
(DEFIレザーブラックには塗装の都合上、装着出来ません)

04足場も良くて家族連れにもおススメな管理釣り場。
是非とも行ってみて下さい。

場所によっては釣った魚をその場で食べることが出来たり
バーベキューが出来る場所もありますよ。

 
ルアーだけではなくフライフィッシングにもおススメです。