山間の池でひっそりと初野べら

前回はワクワクの期待のなか、初の野釣りに挑んだ。
ポイントの選定から、初めてのヘラ台の組み立てと設置。
どん深手前のなだらかな斜面はひざ下の水深で、脚先のツメは地形に沿って自在に角度を変えて食い込む仕様になってはいるが、どうもそれが信用出来ず。
何度も各脚を調整しては両手で台を揺すって確認した。
終始薄曇りで、肌寒さを感じながらひたすらエサを撃ち続けたが、明確なアタリさえ無く終了した。

今回、リベンジに臨んだのは自宅から近いフィールド。
山間のひっそりとした釣り場では、下界から遅れること2週間ほどして、やっと山桜が開花した。
静まった水面に野鳥の声が響く。

前回はエサのバラけが悪く、待てども待てども一向に浮子が上がってこなかった。
マッシュ1:グルテン0.1を試す。
結果は程良いエサ持ち具合。
ただ、グルテンの0.1はマッシュ1に対してどれほどの効果があるかは良くわからず、もしかするとマッシュのみでも持ち具合は変わらずなのかもしれない。

偏光レンズ越しに水中を注視するが、魚影は確認できない。
使用したモデルは、チタンフレームのWalz Alt / ワルツオルタ。

数あるZeque(ZEAL OPTICS)モデルの中でも、個人的には一番しっくりくる掛け心地。
ポイントは、
・テンプルからつながるフロントバーが全体でしなって、優しくフィット。締め付け感無し。
・レンズ枠とフロントバーが独立構造のため、いくらテンプルが広がってもレンズに影響しない。

エサを撃つこと20分。
浮子が微かに揺れる。
いつでも合せを入れられるようにと、いつの間にかガチガチに握りしめていた力を抜く。
エサがバラケ、浮子が上がる。
次はきっと来る。
次の一投、沈み切った直後にツンと浮子が入った。
糸鳴りを聞きながら、竿のしなりを存分に堪能した。
なんとも嬉しい!初の野ベラ。

冬のシーズンオフにと始めてみた、へら鮒釣り。
シーズンオフどころかメインになってしまいそうだ。

この釣りに出会えて良かった。

へら鮒釣りを始めて以来、既に無くてはならないアイテムがある。
それはこの畳の胡坐台。

インスタグラムで発見し、もしかするとこれはへら鮒釣りに最適なのではと即購入を決めた。

使ってみたら予想以上。
腰痛持ちの自分には、座り心地が丁度良い塩梅で、固すぎず、沈み込み過ぎず。
そして、やはりこの雰囲気。
胡坐スタイルの日本の釣りには、ベストマッチ。

商品の企画、販売は奈良のアパレルメーカー、DENALIさん。

ちなみに僕はLサイズを使用中。

道具も釣りの愉しみの一つ。

スタッフ/Narusawa

野釣り初挑戦(へら鮒釣り)

先々週末の事。
桜が少しずつ花を開き始めたが、吹く風にまだ肌寒さが残る3月半ば。

乗っ込みがいよいよ始まったとの情報を得て、初めての野釣りへ。

去年末からへら鮒釣りを始めて以降、フィールドは管理釣り場。
というのも、渓流禁漁の間に手軽に出来る釣りと思ってへら鮒に手を出したのだが、
自分の予想した以上にこの釣りが面白く、僕の年間の釣りスケジュールを圧迫する恐れ大なのだ。

前日にまとまった雨が降り、たまに日が射すが、風が吹けばジャケットのジッパーを首元まで上げる気温。

野釣りのために手に入れたヘラ台が今回の新たなギアとなる。
このヘラ台、胡坐スタイルで使用するとなると仕舞寸法もなかなかの大きさと重量。
駐車場からすぐのポイントであれば良いが、先客あったり、ポイントをサーチしながらとなると、まずは釣りの前に持ち運びが重要になる。
そこで、背負子の登場。
背負子といえば、木やアルミフレームを想像するが、僕が気に入って使用しているのは生地羽根で覆い留めが出来るバックパックタイプ。
PaagoworksのCargo 40。
これは、購入時に中袋が付属してくる。
どんどんと物を詰めていけば約40L分の入れ物になるわけだが、肝は自分好みのパックに出来ること。
「防水袋に変えれば防水パック」として、「袋を複数使用すれば、頻繁に出し入れする袋を一番上」などの小分け使い。
僕はキャンプで焚き木を集めるのにも使用したりと、使用してから2~3年経つが、とにかく便利。
そして今回のヘラ台運びにもこれが役に立った。

持ち竿は8尺のみの1本勝負。
よって、ポイント選びも長さ縛りで選択肢が限られる。

何度も脚の長さを調整して、やっとヘラ台設置。

初めて使うマッシュと、管理釣り場で使用してきた麩の違いを感じながら、ひたすらエサ撃ち。
隣で声が上がり、目をやると綺麗に曲がった竿。
目を戻して自分の浮子を注視する。
ピクリとも来ない。
そしてまた隣が騒がしくなる。
それの繰り返し。

自分の竿には生命感が感じられず、モチベーションをキープすることが難しい。
こんな時は仕事でも、、、
ということで、新商品のバトラーを改めて検証。

バトラーの特徴は、バイザーが脱着出来ること。

装着すれば、横からの邪魔な光を遮り、視界も前方へフォーカスされることで浮子に集中することが出来る。
また、風の侵入も軽減できるため目が乾かない。
瞬きも忘れるほど浮子を凝視しているため、目にかかる余計なストレスを無くすにはバイザーは効果がある。

帰りの車の運転ではバイザーを外して。
左右の状況を確認するにはバイザーを外した方が断然良い。

バトラーの持つ機能は、色々な釣りでその効果が発揮されるはずだ。

フレームカラーは全部で4色展開。
レンズカラーなど詳細はこちらから!

釣果はというと、結局は竿曲がらずで、次回またリベンジ!

スタッフ:Narusawa

へら鮒釣りと偏光グラス

去年の暮れからへら鮒釣りの世界に足を踏み入れたスタッフNです。

これまでに4回ほど管理釣り場に行きました。
手に入れた唯一の8尺竹竿一本のみと心許ないですが、新たな釣りの世界にのめり込みつつあります。

まだ右も左もわからないヒヨッコですが、今後、へら釣りで感じたことなどを不定期で投稿していく予定です。

今回お邪魔したのは、兵庫県三木市にある新松池。
新松池は2度目で、前回は午後から入り15時からやっと浮子が動き出すも結局は0枚で納竿となりました。

今回は前回とうってかわり、穏やかな小春日和。
いよいよ春到来と言った心地よい気候のなか、気持ち良く竿を振りました。

出だしの2時間は、たまに浮子が動くも明確なアタリは無し。
その間に両隣は竿を曲げています。左の釣り座は友人です。

同じ8尺でセットの釣り。向こうは釣れるのに、なぜ自分には釣れないのか、、、
右で釣っていた方が色々とアドバイスを下さり、浮子の位置を変えたり、下針の長さを長くしたり。
浮子も変えた方が良いと言われたのですが、僕は浮子を一つしか持っておらず、しかもその浮子は、
マブナ野釣りセットと書かれた太い浮子。
でも、去年末はこれで結構釣れていたのであまり気に掛けていなかったのです。
次第に浮子が動き始めるも、そのどれもが微妙な動き。
今まで掛けた時の、スコン!と入る動きとは程遠い感じ。

ここでやっと浮子を疑います。
友人の浮子を借りてひと振り目でスコン!と入り、やっと一枚目。

なるほど、浮子でここまで違うものかと。
恐らく、自分にもチャンスは数多くあったはずだけれど、浮子の感度が悪く、それを見逃し続けていたのでしょう。
浮子を変えて以降、動きに翻弄されながらもへら鮒釣りの楽しさを満喫しました。
一つ扉が開いた感じです。

そうそう、本業の偏光グラスに関して。

釣り場の状況ですが、午前中から2時半頃までは風もなく太陽が降り注ぎ、2時半以降は太陽が陰り、時折風が出て波立ちありの状況。

用意したのは、メガネの上からでも掛けられる2ウェイ仕様のクロスオーバーで、レンズはTVS/トゥルービュースポーツとLO/ラスターオレンジ。
この二つを交互に使ってみました。

まずはクロスオーバーのフレームに関して。
これはオーバーグラスとしても使用できるモデルです。
ノーズパッドがワンタッチで取り外せますので、お使いのメガネのサイズや形状によってノーズパッド有り、無しで対応します。
私は眼鏡を使用しないのでノーズパッドをつけて、普通の偏光グラスとして使用しています。
眼鏡の上から、という設定で造られているので、単体使いではその軽さが際立ち、大き目のレンズは広い視界でとても見やすいです。
クロスオーバーのフレームカラー、レンズ色設定はこちらから

レンズ色に関して。
TVS / トゥルービュースポーツはグレー系ですから、裸眼に近い色を再現します。
コントラストを強調するので、景色など自然な色を再現しながらも、浮子のオレンジや緑ははっきりと見やすい。

LO / ラスターオレンジは、視界がオレンジ系に映りますが、グレー系と比べると全体的に明るく、浮子のオレンジ、緑がさらに明るく強調されます。

私個人の使用感では、太陽光のある時はTVS/トゥルービュースポーツ。
へら釣りを始めて気づきましたが、浮子を見続けるってとても疲れますね。
桟橋が揺れたり、風で浮子が動いたり、それでも微妙な浮子の変化に注視しないといけない。
もう、瞬きすら出来ない。
それを続けていると目の疲労から、浮子以外の余計なものはなるべく目立ってほしくないと思うようになります。
ラスターオレンジでは、明るすぎて浮子のオレンジが目に痛い。

しかし、太陽が陰ると今度は、浮子の繊細な動きが分かりづらくなってます。
風も出ていたので余計に見辛かったのでしょう。
TVSでも浮子の色が見やすいのですが、太陽が出ているときにLOが辛かったのは、先にも述べた通り浮子だけでなく周りも明るくなってしまうから。
周りが暗くなれば、オレンジ、緑を強調するLOの良さが際立ってきます。
特に、水面下にある浮子色を確認するのにとても見やすい。
エサを打って浮子がトップまで馴染む状況でアタリを見るには、水面下の浮子色が見えることが必要になると思いますが、これが見やすいんです。

以上が、個人的なレンズ色の印象です。
オレンジ系レンズの視界に慣れている方は、違った感想になると思います。
また、使用した竿が8尺ですので、長尺だとどうなるのか気になるところです。

直近の目標は、まずは、浮子を手に入れること!

それでは、また。

スタッフ/Narusawa