雪と猫とバス

皆様、初釣りはもう行かれましたか?

ZEALスタッフは、極寒の中、湖北へと行って来ました。
この数日の冷え込みで、琵琶湖北部も積雪です。

snow

こんな状況で魚なんて釣れるのか?と思われるかもしれませんが、
湖北では本湖よりも水温が高く波風からブロックされる漁港内に子バスが溜まります。

しかも「猫」のいるスポットを探せば大丈夫です!

cats

漁港内のバスは豆サイズが殆どですが
極寒の厳しいコンディションの中では、釣れればサイズ関係無しに嬉しいものです。

small-bass

ハイシーズンでは無視するようなサイズでも、この時期には貴重な1匹。

また小さくても多数のアングラーに狙われて
ハイプレッシャーでスレていますので意外とテクニカル。
人によって釣果にモロに差が出ることもある釣りです。

ちなみに、冬の湖北漁港での釣りにはイーズグリーンがオススメです。

曇りがちで、時には雪も降るローライトコンディションでも明るく見やすいのはもちろん
緑がはっきり見えるレンズなので、実は港内の残りウィードの上のバスが
他のレンズカラーよりも視認しやすくなります。

冬の定番、サスペンドシャッドのロングステイや
スモラバのスローフォール中に甘噛みしてくるバスが見えると
フッキングのタイミングもバッチリです。

来るハイシーズンに向けてサイトの練習にもなりますよ。

そして何よりも冬に「魚が見える」とモチベーションが上りますよね!

※漁港内にもラインやワームやルアーのパッケージなど
明らかに釣り人が残したと思われるゴミが目立つ所があります。

漁港は釣り人の為にあるのではありません。
ゴミは必ず自分で持ち帰って下さい。
また、見つけたゴミも出来るだけ拾って帰って下さい。

地球の為にも、これ以上自由に釣りができるフィールドを減らさないためにも
よろしくおねがいします。

Comments are closed.