BasserAllstarClassic 2011 其の2

オールスタークラシック、続きです。

選手達が港を出ていくと、会場ではウェイインまでイベント三昧です。
各メーカーブースでの様々なイベント・展示もありますし、メインステージでは出場選手や各メーカーからの協賛によるチャリティーオークションや、ビンゴ大会で盛り上がります。色々とお得な物を手に入れた人も多かったのではないでしょうか。

ちなみに土曜日はメインステージでのオークションやビンゴはありませんでしたが、定時連絡による各選手の中間発表があり、その時間はみんなステージ前へと駆けつけます。雨の中でも各選手のウェイトが大変気になります。

そして、競技時間が終了すると、いよいよウェイイン!メインステージ前はお客さんでごった返します。

気になる順位や内容は、次号の「BASSER」誌でお楽しみいただくとして、ここではZEAL OPTICSのサポート選手のフォトギャラリーを。

アメリカ参戦し続け10年、現在日本ではこの大会のみ参加の「世界のモリゾー」こと清水盛三プロ。2011年モデルのVERO「カーボンレッド」着用です。

去年よりバサクラ限定でトーナメントに電撃復帰した魂のビッグバスハンター、菊元俊文プロ。魅せる男です!VANQ GAGAが似合います。

サンバイザーが良く似合うスタイリッシュな田辺哲男プロ。利根川バスをどのパターンにハメたのか?SERIO ELF着用です。

特別仕様の「電動お立ち台」で会場を沸かせたサイトフィッシングの達人・加藤誠司プロ。お立ち台+高性能偏光でそのサイトに死角無し!

いつもスマートな小野敏郎プロ。なんと初日にバスボートでカッ飛ばしていたら、コンソールに置いていた愛用のVERO tieraがぶっ飛んで行ったそうです。2日目は急遽車に積んであったAQUA06を着用。

利根川をホームとする、今回の優勝候補筆頭の成田紀明プロ。普段はVEROを愛用です。

表彰終了後、全出場選手が集まって記念撮影。そしてこの後は真っ暗になるまで各プロは疲れも見せずにファンサービス。バサクラは、憧れのトッププロとも身近に会えるチャンスでもあります。
気になる大会結果は次号のBASSERにて!

Comments are closed.