大阪湾はバチ祭り開催中

いつの間にやら春を通り越して初夏になってきた関西地方では
昼間は半袖の人達も目立つようになってきました。

人間も魚も活性の高くなるこの時期は
釣り物も増えて何を狙うか迷ってしまうくらいです。

bachi
仕事終わりの短時間勝負なら、潮回りや良い時間帯を狙えば効率良く魚の引きを味わえる「バチ抜けシーバス」も楽しいです。

関西圏のバチ抜けは、温排水絡みのスポットなら早春からでも始まりますが、最盛期はまさに今!

湾奥・水路など、至る所でニョロニョロニョロニョロとバチが抜けまくっています。

そんな訳で、ジールスタッフ達も仕事終わりの短時間勝負へと繰り出してきました。

大阪湾奥の有名ポイントに着いてタックルを準備していたら、我先に投げたスタッフは1投目から「来ましたー!」とシーバスをキャッチ!!

hane

大阪では「ハネ」、東京では「フッコ」と呼ばれる位のアベレージサイズです。

いきなりの魚にテンションの上がった我々は、思い思いの場所でキャスト開始。

そして開始10分ほどで、アベレージサイズが小さいバチ抜けでは、ナイスサイズと呼べる70アップのシーバスをキャッチ!

70up

そのシーバスとダブルヒットでナイスキビレも登場!!

kibire2

その後も、ショートバイトに悩まされながらもボラ交じりでシーバス・キビレのファイトを堪能。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、1時間半ほどの短時間釣行は終了。

皆さんも、仕事終わりにサクッと身近なターゲットを狙ってみてはいかがでしょうか。

バチ抜け、行くなら今!です。

Comments are closed.