アマゴの季節

露天風呂 砂湯で有名な湯原温泉、いまも村湯・療養場に湯治客が訪れる湯郷温泉、そしてアルカリ性の美人湯で知られる奥津温泉。この岡山・美作三湯の一つ、奥津温泉は吉井川の清流沿いにひっそりと湯煙を上げている。そしてその吉井川の上流、奥津川はアマゴや鮎釣りが楽しめる美しい渓流として親しまれる。

以前ブログでご紹介しました岡山の全日本ハエ釣り王者、鮎匠会の横山さんから今シーズンのアマゴとジールの偏光グラスについて、画像とコメントを戴きました。

奥津温泉

“アマゴ釣りのシーズンが各地で幕開けしました。私の地元である中国山地周辺の渓流も桜が咲き始め、本格的なアマゴシーズンを迎えています。私も3月1日の解禁から、時間を作ってはアマゴを求めて里山の渓流に足を運んでいます。
ジールの偏光グラスを愛用してから、私の釣りスタイルは革新しています。アマゴ釣りに関しても同様で、効率的にテンポ良くポイントを移動して好釣果を得られるように進化していると感じています。

アマゴ釣り

まず、短時間に的確なポイント攻めが可能となり、好釣果が得られるようになりました。ジールの驚異的な透視力で川底の変化を見切ることができ、時間の使い方が有効になっています。

次に、喰い合わせのタイミングが超的確になりました。
アマゴの食いアタリは、なかなか目印に出てこない場合が多く、これは大物になれば成るほど顕著です。

皆さんも手元にコツコツと来る、明瞭で大きなアタリを感じていざ合わせると、釣り上がってきたのは「えんどうガラ」程の小型の魚体だったという経験が良くあると思います。もちろん食いの良い時は目印のみならず、竿を通して手元に感じるようなアタリもあるのですが。

横山芳和さんとアマゴ

長年アマゴを追ってきた私は、このアタリを出すために小まめなタナ合わせやオモリの調整を欠かしませんでした。されど、長年渓で生き延びているアマゴの知恵は素晴らしく、餌を咥えているのに全く目印の変化を見抜けないことも多々あります。その結果として釣果が伸びず、魚が少ないと勘違いして、楽しいはずのアマゴ釣りへの想いが半減していることはないでしょうか。

アマゴの生態として、流れの芯にある岩陰などに潜む個体は、上流から流下してきた餌をその場で直ぐに食ってしまうことは少ないです。フィーダーレーンに沿って流れ落ちてくる下流に先回りし、反転しながら獲物を捕え、元の棲み家に戻るという習性を持っています。警戒心の強いアマゴは、流下する獲物を確認しながらも、流れの筋から少しでも外れると不信感を持ち、素直に食うことは無くなってしまいます。それ程までに警戒心が強い魚がアマゴなのです。

また、餌を口に咥えても鈎等の硬い存在に違和感を感じると、直ぐに放してしまいます。仮に目印に出るアタリに反応してアワセの行動に移っても、既に放していることから空アワセとなります。タイムラグを完全に解消するためには、目印の目視だけでは限界を感じていました。

多くの渓流釣り師は、流す仕掛けのブレや一瞬の集中力の途切れによって、アマゴの極端に繊細な喰いアタリの変化を見抜けず、喰わせ餌を食われていることが多発しています。この微妙なアタリを全て的確に捉える事ができれば、釣果は断然に増加します。これを可能にしたのがジールです。

アマゴ

先日、岩陰に隠れた位置に釣座を定め、上流の瀬落ちの流れに仕掛けを投入すると、喰わせ餌に誘われて下流の私の目の前に現れた尺アマゴが見えました。
魚影が反転するのを見切った私は、その反転と同時に竿を天に向けて立て、合わせました。川底でグラグラグラと魚体をくねらせる光景に胸を躍らせ、続いて竿を通して手元から身体の芯まで伝わる尺アマゴの重く強烈な引きに酔いしれました。
この感動の瞬間は、私にとって日々の雑踏や雑念などの全てを解消させるほどの喜びとなります。

川底の状態や流れの状況、そしてなんといっても魚影が視認できる驚異的な透視力。
ジールの偏光グラスで効率的な釣り場ポイントの選定と動き、喰いアワセのタイミングを手に入れる事ができました。是非、皆さんもこの異次元ともいえる経験を体感して、好釣果を手に入れてください。

ジールの偏光グラスを愛用して2年目となる昨年のハエ釣りシーズンでは、JFT全日本ハエトーナメントで昨年に続く優勝の栄冠を手にすることができました。
また12月4日~6日に岡山市で行われたハエ釣りの最高峰、JFT全日本ハエ釣り王座決定戦においても優勝。これでハエ釣り競技では、2連覇と共にグランドスラムを達成しました。夢に描いていた長年の想いが、昨年は現実となり、まさに驚異的な飛躍のシーズンでした。有難うございました。

Comments are closed.