一日中快適にストレスなく、をコンセプトにしたニュースタンダードの「Devon / デヴォン」

Zequeで展開する偏光サングラスは、フィールドで一日中掛け続けても快適に使用出来ること。
これをコンセプトに開発をしています。

では、快適とは何でしょうか?
一日を通して長い時間サングラスを掛けてると、締め付けによる、こめかみから耳上部付近の痛み、ノーズパッドが当たる鼻梁の痛み、サングラスのズレをこまめに直すストレス、横からの光の侵入による見えづらさ、きついレンズカーブによる距離感の狂い。
フィールドで起こるこれらの問題を解決することが快適性に繋がると考えています。

ここでご紹介する「Devon / デヴォン」は、前述した問題を一つずつクリアして完成したモデルです。
それでは、どのような工夫で問題を解決しているのか見ていきましょう。

〈締め付けに関して〉
Devonにはフロント枠とテンプルを繋ぐヒンジ部に、軽量で弾性のあるβチタンを採用しています。
掛ける際にテンプルを広げると、軽い力でゆっくりとβチタンヒンジがしなるのが分かります。
頭部形状に沿ったアーチを描くテンプル形状と相まって、優しく確実にフィットします。

〈ノーズパッドのフィットに関して〉
鼻梁の高さや太さは人それぞれです。
ですので、固定されたノーズパッドでは、様々な鼻梁形状にフィット調整することは難しいでしょう。
Devonにはノーズパッドとフロント枠を繋ぐスネーク型のクリングスというワイヤーパーツを採用しています。
スネーク形状の大事なポイントは調整幅の広さにあります。
鼻梁の太さにフィットさせる調整だけなら単にクリングスを広げたり狭めたりすればいいのですが、鼻梁の高さ方向の調整にはスネーク形状が効いてきます。
鼻梁高さは目とレンズの距離、すなわちフレームと顔の距離に影響します。
まつ毛にレンズが当たってしまったり、笑うと頬骨にフレームが当たるのを逃すために、カーブを描いたワイヤーのスネーク部を伸ばしたり縮めたりして距離を調整出来ます。
付け加えて言うと、ノーズパッドが鼻に当たる角度の調整も可能です。

〈ズレに関して〉
これは、耳にかかる部分のゴムモダンを曲げてフィット向上させます。
Devonのゴムモダンは芯が入っているため、手で曲げることが出来ます。
縦曲げ調整をすると、耳へのかかり具合が良くなります。
特に下を向いたり、走ってサングラスが上下に揺れるときなどに効果的です。
また、ゴムモダンを横方向に曲げると、頭部へのフィット向上につながります。

〈横からの光の侵入に関して〉
Devonには適度に光を遮る遮光バイザーがフロント枠に一体成型されています。
Zequeラインナップには、この遮光機能に特化した「Leman」や「HOVER」がありますが、それらはサングラスと顔の隙間を完全に覆うタイプです。
それに対し、Devonで適度な遮光性と謳っているのは、目の端でわずかに周りの気配を察知できるくらいの隙間を設けています。

〈レンズカーブによる距離感の狂いに関して〉
このモデルは4カーブレンズを採用しています。
Zequeでは主に4カーブと6カーブのレンズをラインナップに採用しておりますが、数字の小さい「4」カーブの方が、より形状がフラットに近いレンズです。
数字が大きくなるほどレンズカーブはきつくなるのですが、基本的には8カーブレンズなどのハイカーブレンズよりも4カーブレンズの方が、違和感が少なく裸眼に近い視界を再現します。
サングラス着用時の遠近感の狂いや距離感のズレが気になる方や、たとえばピンスポットでルアーを入れるような精度の高いキャスティングを求める方には特におすすめです。
また、度付き偏光グラス製作時にも様々なメリットがありますので、強度数の方はぜひお試しください。

さて、いかがでしたでしょうか?

Devonがフィールドで一日中快適に使える理由がお分かりいただけたと思います。

いつもの締めくくりになりますが、顔の大きさや形は十人十色です。
是非、全国のZeque取扱い店でご試着ください!

Devonのフレームカラーやレンズカラー詳細はこちらからどうぞ。