光の侵入をブロック。新たなギミック搭載のニューモデル / HOVER(フーバー)

偏光サングラス越しに覗いた水中の見え方に、最初は誰もが驚き感動します。
水面のギラツキがすっきりと無くなり、水草や水中に沈んでいる障害物、泳ぐ魚が驚くほど良く見えるからです。

しかし、どんな状況でも良く見えるかと言うと、そうではありません。
たとえば、太陽の位置が低く、光が顔の横から射すような時や、ボートやカヤックなど上からだけでなく水面の照り返しもあるよう状況では、レンズと顔の隙間から光が射し込んで見辛くなります。

釣り場で見かけたことがあるかもしれませんが、サングラスの端を手で覆いながら水中を覗いている姿。これが正にその状況です。
恐らく多くの釣り人は釣り場でキャップやハットを被っているので、上からの光は帽子のツバが遮断してくれます。(フラットツバのキャップを浮かせ気味に被っていると上からも光が入って見辛くなりますので、その時は目深に被ると大分見やすくなります)
問題は、横からの光です。
この光を遮る、遮光フードを搭載したモデルが、今回ご紹介する「HOVER / フーバー」です。

ビックサイズの遮光フードがレンズと顔の隙間を覆い、光の侵入をブロック。
見辛いからと手で覆うようなストレスが無く、釣ることだけに集中出来ます。
高性能な偏光レンズを十分に活かしきるフレーム設計です。

一尾の差が勝敗を分けるトーナメント選手から、いち早く魚影を見つけなければならないフィッシングガイド、休日の早朝から日暮れまでフィールドに立つ熱心なアングラーまで。そんな方の要望に応える1本です。

光の侵入をブロックする遮光フードですが、ちょっと面白いギミックがあるんです。
耳に掛けるアーム部(テンプル)の開閉と同調して遮光フードも展開 / 格納します。


もっとわかりやすい動画がこちら↓
https://youtu.be/4WJLKX1bPR0

フレームカラーは4色展開。
詳しくはこちらから。

Zeque製品モニター紹介#3 栗野雅人 

Zeque製品モニターのご紹介、3回目は関西圏でソルトルアーをされている粟野雅人さんです。

製品モニター:粟野雅人 インスタアカウント:b.fish.dog
使用フレーム:VEGA
使用レンズ:マスターブルー/シルバーミラー

週末の休日はロックショアといわれる磯からの青物狙いや波止でのライトゲームなど海のショアスタイルに拘ったルアーフィッシングを楽しんでいます。

休日は目一杯遊んでまた仕事を頑張る、遊ぶのも全力で楽しみたい、遊び道具であれ拘りを持って選び大切に使いたい。若い頃はそういうのが大人の遊びだと憧れていましたからね。

こういった様子をSNSのInstagramで発信しております。

SNSのフォロワー様より磯から青物の釣る為のヒントになるようなものを教えて欲しいと聞かれたりもしますが、

磯からの青物狙いは沖を泳いでいる青物が磯の周りを回遊してくるときにルアーを投げているかによってかなり釣果に差が出ると思います。
かといって同じ場所でずっと投げ続けるというのも体力的、精神的にも難しいので、限られた時間でいかに効率よく磯に立ち投げているかが釣果に結びつくと思います。

どのエリアどの磯に入るかは事前情報などで回遊があろう磯を予想して行きますが集中して投げ続けるか場所を移動するかは海況によってかわってきます。
磯からの釣りでは魚探など使わないので感覚に頼るしかありません。
その感覚の中でも視覚で状況判断することが多く、より情報を得る必需品となるのが偏光サングラスです。

海の中が見えればベイトフィッシュの有無、海底まで見える水深だとシモリや沈み根といわれるような地形変化、浮遊物の流れ方やベイト以外の魚でも泳いでいる向きでも潮流がわかります。もちろん、朝夕の太陽の位置が低く乱反射が激しいときにも偏光サングラスが乱反射を抑え海中が見えないまでも潮目やヨレといった潮流変化が見え、眩しさを抑え快適に釣りができ朝夕のマヅメとなるチャンスタイムに集中して釣りができます。

ルアーフィッシング全般に言えることですが、釣りをはじめられて間もない方がどのルアーで釣れたとかの情報からどんどんルアーを買い足していきます。
もちろん間違いというわけではないですが、それよりも本当に魚に近づくためには高性能な偏光サングラスをひとつ持っているという方が私は正解だと思います。

昨年9月にロックショアで行った男女群島では、ルアーをピックアップ寸前に足元でヒラマサがバイトしかけるがフッキングまで至らず、次に一瞬の食う間を取ったことでヒットしたことがありました。
これも水中の様子が見えたからの一本であり、見えてなければバイトにも気付かずそのままルアーを回収して終わりでした。
この魚はこの釣行での思い出となる貴重な一本となりました。
磯師には憧れの男女群島ですが近年は行けば釣れるというような別世界でもなく、しっかり準備して少ないチャンスをものにした人だけが釣果を上げています。
そんな少ないチャンスをものにするのは数多くの釣行経験を積んだエキスパートな方だけと思われますが、私のような週末アングラーでは正直経験値が全然足りておりません。少しでもその差を埋めるため私の場合はタックルに頼ります。
ロッドやリール、ラインにルアーはもちろん、快適に釣りができるように安全装備や服装まで、その中でも重要だと感じるのはやはり偏光サングラスです。
この釣りで見える見えないでは雲泥の差と感じます。
そして、性能が良いだけでは嫌です、わがままかもしれませんが高性能で快適でカッコイイものを着けたいというのが本音です。

今、使用しているモデルは、VEGA(ヴェガ)カラーはシルバー、レンズはマスターブルーにシルバーミラーコーティング。

VEGAは大人のメタルフレームという感じでデザインも洗練されていて面とエッジの構成が何とも美しく思います。カタログ上でのグラマラスという表現もぴったりだと感じました。釣行から帰ってきてVEGAを洗い水分を拭き取っているときなんかもフレームの美しさから所有欲も満たしてくれます。釣りに行っている時間以外にもこういう時間も楽しくホビー感覚で過ごしたいですからね。全力で遊ぶっていうのはこういうところまで楽しんでこそだと思います。

VEGAを使うまでは、地磯に行くことが多くトレッキングやロッククライミングすることもあり、感覚的に軽いフレームは樹脂製だけだと思い込み使っておりましたが、実際、VEGAを使ってみてメタルフレームのイメージも変わり全然アリだなと思いました。フレームが軽く、細くても丈夫で、帽子の干渉も気になりません。フィット感もスプリング内臓ヒンジが利いておりジャストフィットという感じです。
レンズは樹脂レンズで軽く、長時間着けていても眼鏡の重さで鼻あて部分が痛くなったり疲れたということはなかったです。レンズカラーは海での使用ではマスターブルーに反射を抑えるミラーコートならオールシーズン使えるオールラウンダーと感じています。さらに、より日差しを抑えたい場合はトゥルービューフォーカス、ローライト時はライトスポーツやイーズグリーンを使い分けるというのが理想だと思います。

また、SNSの普及で魚を持った写真が簡単に発信できるようになり、魚を持って最高の笑顔で撮られた写真もありますが、まだまだ顔を隠したりモザイクなどで編集したりと折角の写真が残念なものになっているのも多く感じます。どうせ顔を隠すならモザイクなんかよりカッコイイ偏光サングラスかけて撮るほうが見栄えすると思います。特にミラーコートは目が写らないのでばっちりです。

これからもInstagramではVEGAと一緒に思い出に残る魚を釣って写真に残していきますのでZequeと共に応援の程、よろしくお願い致します。

Zeque製品モニター紹介#2 青亮彦 

Zeque製品モニターのご紹介、2回目はファッショナブルにバス釣りをされている青亮彦さんです。

製品モニター:青亮彦 インスタアカウント:a.a.japan1104
使用フレーム:DECK
使用レンズ:トゥルービュースポーツ/ブルーミラー

偏光サングラスは身体の一部。
だから、カッコいいデザインがいい。
選択は自由自在、決して妥協はしない。
そして、ストレスフリーな掛け心地。
全てが釣果に直結する、無くてはならない相棒が見つかりました。

昨年夏、8月よりDECKを着用してきました。
FRAMEカラーは、漆黒でカッコいいBLACK。
LENSカラーはオールラウンド対応のTRUEVIEW SPORTS / 個人的に大好きなBLUE MIRRORを選択してます。
まず初めに、DECK着用の初日は35度を超える猛暑日だった事を今でも鮮明に覚えています。
この日、鼻パッドがあるサングラスを使用するのは初めてで、率直に今まで使用していなかった事に後悔しました。
鼻パッドがある事で、滝の様に出る汗がリムフレームに溜まることが無く、一々サングラスを外してレンズを拭く作業が無いので釣行への集中力を保つ事が出来ました。


リザーバー釣行では、岩盤を登って降りての繰り返しです。そういった状況でサングラスが落ちそうだったり、グラついていると足元への集中力が低下して危険な場面もあります。
DECKはスプリングヒンジ内蔵で、しっかりとホールドしてくれて本当に快適な上、長時間着用しても全く顳顬部分が痛くならないのも気に入っている点です。

そして何と言っても軽さ。
平均して1日の釣行は季節にもよりますが10〜12時間です。
朝から日が暮れる迄、ひたすら水辺にいます。(笑)
眼鏡をお掛けの方なら想像して頂けると思うんですが、丸一日毎日、重たい眼鏡は疲労が半端では無いと思います。偏光サングラスも同じで、軽さは釣行への集中力に直結し、アドバンテージになります。

釣行に於いてストラクチャーや水流の変化、見えバス等、様々な情報を常に集中して観察しています。
そういった集中力は、いくら超人でも限界があるのは事実です。ですが、自分自身が持つ集中力を最大限に発揮させる為には、釣り道具もそうですが、偏光サングラス選びも非常に大切だと思います。

集中力を保てた事で出会えた魚は非常に多く、
昨年の琵琶湖では、ワカサギパターンに於いて水面を浮遊するほんの少しの波紋を捉え、的確にアプローチする事で、数々のBIGサイズをキャッチ出来ました。
リザーバーに於いては岩影に潜むバスや、回遊するバスを確認、そして水流の変化(ヨレ)を確実に把握する事が出来た事で出会えた魚は非常に多いです。
これもまた、DECKと出会わなければ釣果は変わっていたと、心から思っています。