メガネと偏光ジャケットのセットアップ モデル/ Baron(バロン)

メガネユーザーにとって、偏光グラス選びは常に悩むところ。

◇まずは、どんな選択肢があるのだろうか?

1 : 普段使用しているメガネに合ったオーバーグラスを使用する

〈メリット〉
・普段掛け慣れているメガネを使用できる。
・レンズカラーを複数持ちたい場合には、度付きでオーダーするほどの費用は不要。

〈デメリット〉
・普段使用しているメガネにジャストフィットするとは限らない。
・選択できるデザイン(モデル数)が少ない。
・2本掛けることになるので、重量が増す。

2 : 度付きで偏光グラスをオーダーする

〈メリット〉
・好みのデザイン、顔型に合ったモデルを選べる。(選択肢が多い)
・一本で済むので携帯性が良く、メガネとオーバーグラスのフィットを気にしなくて済む。

〈デメリット〉
・価格高い⇒複数のレンズカラーを揃えるとなると、費用がかさむ。

上記のように、どちらも一長一短と言ったところだが、
その良いとこ取りをしたモデルがZequeのラインナップにある。
それが、Baron(バロン)だ。

Baronは、メガネフレームと偏光ジャケットのセットアップモデル。
Baronを一つ持っていれば、普段のメガネとしての使用はもちろんのこと、偏光が必要なシーンでジャケットをワンタッチで装着し、偏光グラスとして使用できる。

偏光ジャケットとメガネフレームは、専用設計ならではの完全なフィット感。
オーバーグラスのようにメガネとの相性を気にすることなくジャストフィットする。

嵩張らない偏光ジャケットは携帯性に優れ、複数のレンズカラーを持っていれば、その日の天候や釣り場の状況を見て、簡単に取り換えることも可能となる。

フレームとジャケットは単体でも購入可能となっている。

フレームカラーやジャケットのレンズ詳細はこちらをチェック

ラインナップ最高の遮光性と最大のレンズサイズ / Leman (レマン)

Zeque(ZEAL OPTICS)のラインナップには、遮光性により特化したモデルがある。
なかでもLeman(レマン)はブランド一の遮光性を備える。

Lemanの特徴とは?

◇ブランド最大のレンズサイズと最大サイズのバイザー。

ご覧のように、バイザーは上/横/下と大きく張り出している。
このバイザーがフェイスラインに沿って、抜群の遮光性をもたらす。

横からの着用イメージを見ると、レンズと顔の隙間がしっかりと覆われていることがわかる。
この大きなバイザーの恩恵は光を遮るだけでなく、雨、風、埃の侵入にも良い仕事をしてくれる。

◇これだけレンズ周りを覆いこむと視界の広さが気になるところだが?

可能な限りレンズを大きくすることで広い視界を確保している。
また、レンズの形に注目して欲しい。
レンズの目尻側下部が外側にやや張り出している。
実際に掛けてもらうと分かるが、この張り出しのおかげで、左右を確認しようと視線を端にもっていってもバイザーが邪魔になることが無い。

◇ここまで大きなレンズとバイザーなら、重さが気になるが?

是非、試着して頂きたい。
見た目とは裏腹に、恐ろしく軽い掛け心地に驚くだろう。
チタンフレームにナイロン製バイザーの異素材の組み合わせによって軽さを実現している。
これは実重量の話。
それ以上に感じるのは、掛けた時の軽さだ。
いくらサングラスの重量が軽くても、掛けてみると、それほど軽いと感じない商品がある。
試着の短い時間だけでは分かり辛いが、長時間使っていると、いつの間にか鼻パッドが押し付けられいる。
鼻にかかる重さである。

偏光グラスを選ぶ際は、「掛け心地としての軽さ」にも注目して頂きたい。

LEMANは掛け心地の軽さにも徹底的にこだわり、何度もテストを繰り返して誕生した商品だ。

◇高級感漂う、ラグジュアリースポーツ
Lemanのフレームカラー展開は3色。

チタンにダブルメッキされたゴールドのラインでラグジュアリーな印象の、BLACK / GOLD。

メタルの輝きを活かしながらも、ゴールドより控えめな定番カラーの、BLACK / SILVER。

ナイロン樹脂とチタンのコントラストを抑え、黒系で統一した、BLACK / GUNMETAL。

これ以上ないほどの遮光性、広い視界、そして軽い掛け心地。
多くのプロからも絶賛の声を頂いているLeman。

この良さは実際に体感してみないと分からない。

是非、最寄りのZeque取扱い店で試着を!

フレームカラー、レンズカラーの詳細はこちらから